このエントリーをはてなブックマークに追加

吹奏楽オススメの泣ける曲5選

演奏会やコンサートではコンクールの課題曲や吹奏楽ファン以外にも馴染み深いJ-POPなどのポピュラー音楽が演奏されることの多い吹奏楽。楽しくて賑やかな曲も素敵ですが、吹奏楽には泣ける曲もたくさんあるんです!

吹奏楽の楽譜探しの参考に、数多くある吹奏楽譜の中からオススメしたい泣ける曲を集めてみました。どれも名曲ばかりです!曲選びで迷っていたら、参考にしてみてください。

吹奏楽演奏にオススメの泣ける曲

1.吹奏楽のための第一組曲変ホ長調 作品28-1

「惑星」で有名なホルストの吹奏楽曲です。「シャコンヌ」「間奏曲」「マーチ」の3つの曲からなっている、歌心のある印象的な旋律の組曲です。どの曲も美しいですが、特に「マーチ」は軽快なテーマの中にどことなく憂いを含んだメロディになっていて、聞く者の胸を熱くします。

resize_image [吹奏楽-輸入譜] 吹奏楽のための第一組曲変ホ長調 作品28-1
編成:中編成
グレード:3
作曲:グスターヴ・ホルスト
編曲:ロバート・ロングフィールド
演奏時間の目安:10分45秒
出版社:ブージー・アンド・ホークス 

2.祈り~a prayer

東日本を襲った大震災によって大切な家族を失ってしまった子供達や、被災者の方々への応援歌として、海上自衛隊音楽隊の河邊一彦によって作曲された曲です被災後の悲しさが表現された冒頭部分は非常に悲しくも美しい旋律で、聞く人の胸を揺さぶります。

吹奏楽曲ではありますが、歌詞もついています。被災の悲しみの中、やがて「希望」がよみがえり、「夢」が実現し、いつか明るい「未来」が来ることを祈って歌われます。

この曲が収録された海上自衛隊東京音楽隊所属、三宅由佳莉のアルバム『祈り~未来への歌声』が「第55回 輝く!日本レコード大賞」の企画賞を受賞しているため、テレビやラジオで聞いたことのある人も多いかと思います。希望へのまっすぐな想いが込められた、感動的な曲です。

祈り~a prayer [吹奏楽-販売譜] 祈り: a Prayer
編成:中編成
グレード:4
演奏時間の目安:9分10秒
作曲:河邊一彦
出版社:フォスターミュージック

3.マードックからの最後の手紙

マードック航海士は、悲劇の豪華客船タイタニック号の沈没事故で殉職した人です。
1997年にレオナルド・ディカプリオ主演で映画化された際には、彼が乗客を救命ボートに乗せる作業の指揮をしていて、自分勝手な乗客を威嚇しようと射殺してしまい、その後射殺に使った拳銃で敬礼の姿勢のまま自殺するという印象的なシーンが描かれています。この曲は、そんな彼が家族に宛てて書いた最後の手紙をイメージして書かれています。

非常に筆まめだったマードックは、船の中から母親や妹宛に毎日手紙を書いており、それが実際に残っているようです。大西洋や豪華な客船をイメージさせる雄大で壮麗なメロディは、その後の彼の運命を予感させるがゆえに、聴衆に深い感慨を与えるものになっています。

マードックからの最後の手紙 [吹奏楽-レンタル譜] マードックからの最後の手紙
編成:中編成
グレード:3+
演奏時間の目安:8分37秒
作曲:樽屋雅徳
出版社:フォスターミュージック

4.パヴァーヌ

ガブリエル・フォーレによる「パヴァーヌ」です。パヴァーヌは、16世紀から17世紀にかけてヨーロッパで普及していた舞踏のこと。この曲は、フォーレがパトロンだったグレフュール伯爵夫人に献呈した作品だといわれています。

当初は純粋な管弦楽曲でしたが、のちに詩人ロベール・ド・モンテスキューの歌詞がつけられていて、その内容は生きることや人への執着を捨て、天上的なものを目指す内容になっています。そのため旋律は宗教音楽的な甘美で安らぎを感じさせるものなのですが、どことなく「死」や「別れ」を連想させる、物悲しげな印象の作品です。

パヴァーヌ [吹奏楽-販売譜] パヴァーヌ
編成:中編成 グレード2+
演奏時間の目安:5分30秒
作曲:ガブリエル・フォーレ
編曲:ラリー・クラーク
出版社:カール・フィッシャー

5.亡き王女のためのパヴァーヌ

作曲者のラヴェルは、「パヴァーヌ」の作曲者フォーレの弟子です。ルーブル美術館に展示されていたマルガリータ王女の肖像画からインスピレーションを得て書かれた曲だそうです。

「亡くなった王女の葬送の哀歌」ではなく、「スペインの宮廷で小さな王女が踊ったようなパヴァーヌ」として作曲されたそうですが、古風でノスタルジックな曲想には人の胸を打つものがあります。ラヴェルは晩年、記憶障害にかかるのですが、街中でこの「亡き王女のためのパヴァーヌ」を耳にして「この美しい曲は誰が作曲したのだろう」と口にしたといわれています。

吹奏楽楽譜 [吹奏楽-販売譜]亡き王女のためのパヴァーヌ
グレード:3
演奏時間の目安:4分30秒
作曲:モーリス・ラヴェル
編曲:ジェリー・ブルーベイカー
出版社:アルフレッド

おわりに

以上、泣ける吹奏楽曲を5つご紹介しました。吹奏楽の曲の中にはピアノソロから編曲されたものもありますが、各楽器による重厚な音楽にはソロでは出せない響きがあり、吹奏楽で聴くからこその感動がありますよね。ぜひ演奏会やコンサートの吹奏楽譜探しの参考にしてください!

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事