このエントリーをはてなブックマークに追加

長生淳 コンクール自由曲おすすめセレクション

201902_nagao

2018年全日本吹奏楽コンクールで演奏された人気作曲家ベスト10にランクイン!全国大会出場7団体が長生淳(ながお じゅん)氏の楽曲を使用しました(自由曲作曲家別集計はこちら )。

作編曲家としてマルチな才能を発揮している長生淳氏。これまでに、映画音楽の金字塔「サウンド・オブ・ミュージック」やアニメ「ガンダムシリーズ」の編曲、ゲーム「三國志」の音楽を手がけるなど、幅広いジャンルで聴く者の心を動かす数々の名曲・名アレンジを世に送り出してきました。原曲の素晴らしさを活かし、緻密なハーモニー設計と吹奏楽だからこそ演奏できる豊かなサウンドを紡ぎ出します。

今回紹介する曲は長生淳氏が作曲したオリジナルナンバー3作品です。いずれも高い音楽性と普遍的な願いや熱いエールが込められている曲ばかり。楽譜詳細ページ商品紹介コメントは曲の込めたメッセージになっています。曲の印象だけでなく長生氏の人柄に触れられる文章ですので、是非あわせてご覧ください。

長生淳作曲 コンクール自由曲用おすすめ3作品

昂揚の漣 (こうようのさざなみ) ※試聴あり

2017年秋発表作品にも関わらず2018年コンクール支部大会で自由曲として4団体が演奏。今後多くの団体がトライするだろう名曲が誕生しました。「苦しみに立ち向かえ、うちひしがれることなく前進し、栄光をつかもう」という楽曲の根底に流れている想いは、まさに本番にむけて練習を積み重ねる吹奏楽部員への応援のようです。中編成の豊かなハーモニーの中で、寄せては返す波のような強弱、テンポ、抑揚をモノにして豊かな表現にチャレンジしましょう。
参考音源はCD『ワコーバンドコレクション2018』に収録。演奏は「オオサカン」の愛称で親しまれるフィルハーモニック・ウインズ 大阪、指揮:加養浩幸。

昂揚の漣 (こうようのさざなみ)

作曲: 長生淳 (Jun Nagao)

久堅の幹(ひさかたのみき)

大編成用、演奏時間16分、グレード5の難曲。それだけに演奏し応えのある楽曲です。曲のテーマは「歳月」。壮大なテーマを表現するために、計算しつくされた複雑なハーモニーと連符が続く混沌としたパートが度々登場することで、美しくスケールの大きな旋律が見事に浮かび上がってきます。
キーワードとなる英単語の階名表記にして楽曲に織り込む音楽的な遊び心も加えるアプローチも、長生氏の個性的な手法です。この曲では「C」の音が全編通して中軸を担っています。
コンクールで自由曲として演奏するためにはカットが必要ですが、ぜひ長生氏が作り出した世界を全編通して体感いただきたい楽曲です。

久堅の幹

作曲: 長生淳 (Jun Nagao)

《地球》〜『トルヴェールの惑星』より ※試聴あり

フォスターミュージック取り扱い長生淳楽曲 人気No.1!日本を代表するサクソフォン四重奏団トルヴェール・クヮルテットの代表的ナンバーを吹奏楽小編成用に編曲。『地球こそが「平和」の惑星になりますように、という願いをこめた曲』と長生氏が語っています。
ベルが響き渡る中、流れ星のごとく管楽器が勢いよく壮大な宇宙の世界へ誘います。切なく甘美的なアルトサックスソロも聴かせどころ。そして、有名な「JUPITER(ジュピター)」の旋律をはじめホルスト楽曲のフレーズが印象的に用いられクライマックスを彩ります。先人へのオマージュと長生氏の才能が見事にミックスした楽曲です。
参考音源は、CD『コンクール自由曲ベストアルバム6 無辜(むこ)の祈り』に海上自衛隊東京音楽隊による演奏を収録。
ダウンロード購入/配信はこちら

《地球》〜『トルヴェールの惑星』より

作曲: 長生淳 (Jun Nagao)

今回はコンクール自由曲向けセレクションをお届けしましたが、フォスターミュージックでは、前述の「ガンダムシリーズ」(コンサートにオススメ)や、アンサンブルコンテスト向けの楽譜などもお取り扱いしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事