このエントリーをはてなブックマークに追加

作曲家 広瀬勇人インタビュー | 『ノルンの神』

作曲家 広瀬勇人インタビュー | 『ノルンの神』

今回は作曲家の広瀬勇人(ひろせ はやと)氏のインタビューをお届けします。

最新楽曲『ノルンの神』についてのお話しだけではなく、作曲家としてのヒストリーも伺いましたので、ぜひご覧ください!

吹奏楽曲『ノルンの神』に込められた想い

―『ノルンの神』は、大阪府立寝屋川高等学校吹奏楽部 創部60周年記念委嘱作品として作曲されたと伺いました。作曲のテーマをおしえてください。

北欧神話に登場する運命の神をテーマに作曲しました。
創部60周年という歴史ある部活からの委嘱だったので、長い時の流れが感じられるよう、「過去」「現在」「未来」という3人の運命の神から成る「ノルンの神」を曲の題材に選びました。

―まさにその北欧神話の神の名がタイトルになっているんですね。

はい。シンプルに、テーマとなった神の名前をつけました。
各楽章の副題には「ウルド(過去)」「ヴェルダンディ(現在)」「スクルド(未来)」という3人の神様の名前が付けられています。

―作曲の際に意識されたことなどはありますか?

初演の際は現役とOBOG合同の70人を超えるバンドで初演されましたが、より多くのバンドで演奏できるように、小~中編成用の楽譜に書き直しました。

編成が小さくてもか細い演奏とならない様に楽器の重ね方を意識して、また一方で常に分厚い、同じ音色感が続かないようように、楽器の組み合わせや厚みのメリハリが出る様に意識しています。

広瀬勇人氏

―作品の中に込められた想いなどがあればおしえてください。

今回委嘱頂いた大阪府立寝屋川高校吹奏楽部をはじめ、長く続いている演奏団体は、現役メンバーはもちろん、かつて在籍された多くのメンバーの方々の想いがたくさん詰まって現在に至っているのではないかと思いました。

現在の繁栄はそんな先人たちの想いの積み重ねによって成り立っていて、その想いを次につないでいくことで、さらに明るい未来へと続いていくという、そんな情景を作品から感じていただければ嬉しく思います。

―この曲を演奏する方たちへのメッセージやアドバイスをお願いします。

足りない楽器や偏りがあるバンドでも良いサウンドとなる様に、オプション楽器を設定しや豆譜(キュー)を多く書いているので、演奏の際にそれぞれのバンドの事情に合わせて楽譜をうまく活用していただければ幸いです。

>>今回ご紹介した『ノルンの神』の楽譜はこちら

10年先、20年先にも演奏され続けている曲を

作曲

―広瀬先生が吹奏楽作品を書くようになったきっかけをおしえてください。

私は中学、高校と学校に吹奏楽部がなかったので(高校時代にオーケストラ部でホルンを吹いていましたが…)、さまざまなご縁で作曲を勉強するようになってから、音楽学校の「管弦楽法」という授業の一環で吹奏楽作品の作曲と音出しをしたのが、吹奏楽との最初の出会いでした。

―作曲家しての喜び、やりがいを感じるときはどんなときですか?

直接演奏を聴かなくても、人づてに自分の作品が演奏されているのを聞いたり知ったとき、作品が広がっているのを実感してとても嬉しく感じます。

―反対に辛いとき、悔しさを感じたりするときはどんなときですか?

何も想い浮かばないときは、どんなに努力しても曲が進まないので、無力さを感じます。

―今後の展望をお聞かせください

10年先、20年先にも演奏され続けている曲をたくさん書いていきたいです。

―最後に、このサイトを見ている方へのメッセージをお願いします。

これからも頑張ってより良い作品を書きたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

―ありがとうございます。

ノルンの神
広瀬勇人

ノルンの神

作曲: 広瀬勇人 (Hayato Hirose)

広瀬勇人

広瀬勇人(ひろせ はやと)

広瀬勇人 作品一覧

広瀬勇人(ひろせ はやと)

東京生まれ。国際基督教大学高等学校を卒業後、東京ミュージック&メディアアーツ尚美を首席で卒業。その後アメリカのボストン音楽院作曲科で優秀賞を受賞し卒業し、ベルギーのレメンス音楽院大学院にて作曲をヤン・ヴァンデルロースト氏に師事。同校の作曲科および指揮科を卒業し、修士号を取得。
日本現代音楽協会新人賞入選、ニューイングランド学生作曲コンクール第1位、21世紀の吹奏楽「響宴」入選。日本、アメリカ、ヨーロッパの各出版社より多くの作品が出版され、ドイツ、スイス、シンガポールの吹奏楽コンクールの課題曲に選出される。 作曲をヤン・ヴァンデルロースト、ピート・スウェルツ、アンディ・ヴォース、松平頼暁各氏に師事。
又、指揮者としても精力的 に活動する他、吹奏楽コンクール、アンサンブルコンテストの審査員、講習会講師、21世紀の吹奏楽「響宴」の選曲委員等を務める。 尚美ミュージックカレッジ専門学校専任講師。著書「吹奏楽部員のための 楽典がわかる本」(ヤマハミュージックメディア)、DVD「小編成バンドのための『サウンドバランス・メソッド』」(ブレーンミュージック)。
広瀬勇人オフィシャルHP

広瀬勇人氏の吹奏楽作品は、こちらの記事でもご紹介しております。
ぜひ、こちらもチェックしてみてくださいね♪
>>極小編成バンドにオススメ!広瀬勇人の吹奏楽作品5選

このエントリーをはてなブックマークに追加

おかげさまでフォスターミュージックは
2018年で10周年を迎えました。

フォスターミュージック株式会社 代表取締役 榊本真希

社名の「foster」には、育てる・育成するという意味がありますが、 10年間こうして成長を続けてこられたのもたくさんの方々の支えがあったからにほかなりません。 本当にありがとうございます!!
これからも楽譜を通じて音楽と人とを繋ぐ
“ブラバンコンシェルジュ”を目指して 社員一同、より一層精進して参ります。変わらぬご愛顧賜りますようよろしくお願い申し上げます。

フォスターミュージックから楽譜を探す

吹奏楽 楽譜

フォスターミュージック 吹奏楽出版作品

アンサンブル楽譜

フォスターミュージック アンサンブル出版作品

関連する記事