MENU
会員登録
新規会員ご登録はこちら
ログイン
会員の方はこちらからログイン

現在カート内に商品はございません。

NAGAMASA(ナガマサ):久保太郎 [打楽器4重奏]

4,400円 (税込)
フォスターミュージック/FME-0502
作曲: 久保太郎
演奏時間:0:06:00
編成:打楽器4重奏
アンサンブル楽譜
商品コード:105-17915

在庫あり

  • YouTube
  • スコアサンプル
※送料は別途発生いたします。詳細はこちら
※¥11,000(税込)以上のご注文で国内送料が無料になります。

数量:

カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
  • 概要
  • 詳細
  • 補足
  • ENGLISH

NAGAMASA(ナガマサ)

NAGAMASAとは、1612年にシャム(現在のタイ)に渡りアユタヤ王国の高官にまでなった日本人山田長政のことである。
長政は王のために戦い、2度に渡るスペイン艦隊の侵攻を退けた。
楽曲は当時のシャムの情景や長政率いる日本人傭兵の姿を描いており、前者は南国的なリズムやサウンド、後者は和太鼓的なリズムの導入によって表現される。
この曲は現在カナダのヴィクトリア交響楽団で活躍するMasako Hockey氏率いる打楽器アンサンブルグループ「打響」の委嘱で作曲され、1998年に初演された。

●楽譜の補足説明
・2ndパートの冒頭の「Gong」は、和ドラが望ましいが、なければ通常のドラの中心部を弱く鳴らして「ゴーン」という遠鳴りの鐘のような音をイメージする。

・ティンパニは4台使用し、冒頭では2人の奏者(3rdと4th)が同時に演奏する。

・4thの冒頭のティンパニは、マレットを使用せずフレームドラムのように手で演奏する。「○」が記されている音符は通常マレットでたたく辺り、「+」が記されている音符はリム近くをたたいて高い倍音を鳴らす。

・2ndのコンガは、「×」はモフ、「^」はスラップ、何も付かない通常の音符の部分はオープンで演奏する。

・1stのスリバチのそれぞれの音程は任意。一応理想とする音程は記したが、その音程に固執するものではなく音程の上下の感覚だけ守って頂ければ幸いである。

・以下、使用楽器を記すが、委嘱主のグループの楽器環境やリクエストに合わせて一部独特な楽器構成になっているため、調達出来ないものや数が不足しているものなどは現状に則して楽譜での指定とは異なる楽器を導入するなど創意工夫することを許容乃至奨励するものとする。

使用楽器
サスペンダーシンバル、ゴング、スリバチ(よく鳴るもの)4つ、ティンパニ4台、コンガ(高低で)2つ、スネアドラム2台、音高の異なるテンプルブロック5つ、ウッドブロック、鉄パイプ2本、トム(高中低で)3台、大きめのマラカス2本、シズル付きのサスペンダーシンバル

仕様

アーティスト
作曲: 久保太郎
演奏形態
打楽器
編成
4重奏
商品カテゴリ
アンサンブル楽譜
演奏時間
0:06:00
出版社 / 品番
フォスターミュージック / FME-0502
JANコード
4560318477056
発売日(年)
2021/09/16

楽器編成

【1st Percussion】
Suspended Cymbal
4 Suribachi
Gong (Tam-tam)
5 Temple Blocks
【2nd Percussion】
Gong (Tam-tam)
Conga
2 Snare Drums
Metal Pipe
Suspended Cymbal
【3rd Percussion】
Timpani
Suspended Cymbal
Metal Pipe
3 Toms
2 Wood Blocks
【4th Percussion】
Timpani
サイズ
A4/1cm未満

NAGAMASA

NAGAMASA is a reference to Nagamasa Yamada, a Japanese who had arrived in Siam in 1612 and became a highranking official of the Ayutthaya Kingdom. Nagamasa fought for the king and led troops to successfully defend against the invading Spanish fleet on two occasions. This piece depicts life in Siam at that time and the Japanese mercenaries led by Nagamasa, with the former portrayed by the tropical rhythm and musical elements, and the latter by a rhythm reminiscent of Japanese wadaiko drums. This piece was commissioned by Dakyo, a percussion ensemble led by Masako Hockey, who is a current member of the Victoria Symphony in Canada, and it premiered in 1998.

●Additional remarks on the score ・The gong section at the beginning of the second part should ideally be played with Japanese gongs. If that is not possible, the center of a regular gong should be struck gently to create a sound that resembles the distant echoes of a bell. ・Four timpanis are used in this piece, with the third and fourth timpanis playing in unison at the beginning of the piece. ・The opening section of the fourth timpani should be played by hand like a frame drum without the use of mallets. The notes marked with ○ should be played near the area that is usually struck with mallets, while those marked with + should be played near the rim to create higher harmonics. ・For the second conga, × denotes a muffed sound and ^ a slap tone, while the regular notes should be played as open notes. ・The score has been annotated with the ideal pitch for the 1st suribachi, but it is more important to be guided by the relative pitch instead of adhering strictly to what is indicated. ・If a required instrument is unavailable or insufficient in numbers, you are highly encouraged to be creative in introducing other instruments that have not been specified in the score.

Specifications

We cannot accept orders for international shipping from this site. Please contact us before ordering.

ARTIST
Composer: Taro KUBO
INSTRUMENTATION
Percussion / Quartet (4parts)
PRODUCT TYPE
Set / ENSEMBLE
DURATION
0:06:00
PUBLISHER / Code
fostermusic Inc. / FME-0502
JAN
4560318477056
RELEASE
2021/09/16
OVERSEAS SHIPMENT
No
EUROPEAN PARTS
Not Included