MENU
会員登録
新規会員ご登録はこちら
ログイン
会員の方はこちらからログイン

現在カート内に商品はございません。

無言歌 3.11残されたものたちの歌:福島弘和 [吹奏楽中編成]

30,800円 (税込)
フォスターミュージック/FML-0096
作曲: 福島弘和
演奏時間:0:06:38
Grade:3
編成:吹奏楽中編成/32人~
レンタル譜
配信サービスで聞く
商品コード:102-04731

在庫あり

  • YouTube
  • スコアサンプル
※送料は別途発生いたします。詳細はこちら
※¥11,000(税込)以上のご注文で国内送料が無料になります。

数量:

カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
  • 概要
  • 詳細
  • 補足
  • ENGLISH

無言歌 3.11残されたものたちの歌

2011年に明治小学校の委嘱により作曲しました。

「2011年3月に起きた東日本大震災をテーマに曲を書いてほしい」との依頼でした、縁があってその年の5月くらいに石巻に伺った時の記憶を書こうと思いました。

通常「無言歌」とは「言葉のない歌」としてピアノ曲などの叙情的な器楽曲のことですが、この曲では、被災地を目の当たりにして「慰める言葉、同情の言葉など、合奏のレッスンに伺う学校の生徒さん達に、どんな言葉をかけたら良いのか、どんな言葉も偽善ぽくなってしまうのではないかなど、自分の無力さ」を感じた記憶を、「言葉のない歌」として作曲しました。

途中激しくなりますが、震災を描写したものではなく、自分の無力さや、政府の原発などへの対応の遅さなどの「苛立ち」を表現しています。しかし、音楽は、明るい未来へ希望につなげてに終わるように作りました。(福島弘和)

仕様

アーティスト
作曲: 福島弘和
演奏形態
吹奏楽
編成
中編成/32人~
商品カテゴリ
レンタル譜/レンタル楽譜ご利用規約
演奏時間
0:06:38
グレード
3
出版社 / 品番
フォスターミュージック / FML-0096
発売日(年)
2013/03/01
キーワード
泣ける, 歌える, 感動的, しっとり, 幻想的
関連情報
音楽配信サービスで聞く(外部サイトにリンクします)

スタディスコア/セット・版違いなど

【スコア】無言歌 3.11残されたものたちの歌:福島弘和 [吹奏楽スコア]

関連商品

【CD】【配信販売】コンクール自由曲ベストアルバム5「鼓響・・・故郷」:海上自衛隊東京音楽隊 [吹奏楽CD]
【CD】福島弘和 作品集Vol.2 交響的狂詩曲 :さまざまな演奏者による [吹奏楽CD]

楽器編成

Piccolo
Flute 1
Flute 2
Oboe
Bassoon
Bb Clarinet 1
Bb Clarinet 2
Bb Clarinet 3
Bass Clarinet
Alto Saxophone 1
Alto Saxophone 2
Tenor Saxophone
Baritone Saxophone
Trumpet 1 (Flugelhorn)
Trumpet 2
Trumpet 3
Horn 1
Horn 2
Horn 3
Horn 4
Trombone 1
Trombone 2
Trombone 3
Euphonium (div.)
Tuba (div.)
Timpani
Percussion 1 (S.Cym., S.D., W.Chime)
Percussion 2 (Tam-t., S.cym.)
Percussion 3 (B.D., C.cym.)
Percussion 4 (Chimes, 4Tom-t., Xylo., Glock.)

福島弘和(Hirokazu Fukushima)

東京音楽大学卒業。同大学研究科修了。

オーボエを浜道晁、作曲を有馬礼子の各氏に師事する。現在、吹奏楽やオーケストラなど作編曲活動をする。また、演奏にパフォーマンスやコメディーを加えたアンサンブルポアールで演奏活動をする。

1999年朝日作曲賞、2003年下谷作曲賞、2007,2012,2013年下谷奨励賞、2010年日本管打吹奏楽学会アカデミー賞作曲部門など受賞する。

2001年国民文化祭、2008年全国高校総合文化祭の創作音楽を手掛けている。

21世紀の吹奏楽「響宴」会員。主な作品:「ラッキードラゴン」「シンフォニエッタ祈りの鐘」ほか

サイズ
A4/3cm未満

修正情報

SONGS WITHOUT WORDS - DEDICATED TO THE 3.11

I composed this piece on commission from Meiji Elementary School in 2011.

I was asked to write a piece of music on the subject of the Great East Japan earthquake, which happened in March of 2011. As fate would have it, I had visited Ishinomaki, one of the cities most severely impacted by the disaster, in around May of that year. That led me to incorporate my memories of that time in the composition.

A piece of music referred to as a “song without words” would typically be a piano piece or other instrumental piece with a sense of lyricism. However, with this piece, I have written down my own memories as a “song without words” about the powerlessness I felt as I looked upon a place that had been struck by a disaster and tried to answer some of the questions that came to mind. What could I say to the students at the school where I was a guest at an ensemble lesson? Should I try to offer words of consolation or sympathy? Was there anything I could say that would not end up sounding hypocritical?

The piece gets intense along the way, but rather than trying to depict an earthquake, this is a representation of my frustration with things such as my own powerlessness and the government’s sluggishness in responding to the nuclear disaster and other problems. That being said, I wrote the music in such a way that in the end, hope for a brighter future remains.

Specifications

For foreign customers,

You can now purchase from overseas via WorldShopping BIZ.

Study scores, ensembles, and CDs can be ordered directly from our website.

Rental sheet music and some other items are not covered by this cart system,

so please contact us by email.



Information

ARTIST
Composer: Hirokazu FUKUSHIMA
INSTRUMENTATION
Windband / 30 - 45 players
PRODUCT TYPE
Set / RENTAL
DURATION
0:06:38
GRADE
3
PUBLISHER / Code
fostermusic Inc. / FML-0096
RELEASE
2013/03/01
OVERSEAS SHIPMENT
Yes
EUROPEAN PARTS
Not Included