選曲コンシェルジュ

カテゴリー一覧

絞り込み検索

カテゴリ

ジャンル

グレード

編成

演奏時間

サンプル

フリーワード

作曲者名や曲名などを入力してください。

新型コロナウイルスにおける対応について


  1. ホーム > 
  2. フォスターミュージック出版作品一覧
  3.  > [吹奏楽-レンタル譜] 想ひ麗し浄瑠璃姫の雫<コンポーザーズ・カット・エディション> (樽屋雅徳)
  • 送料無料
  • 予備
  • 即日出荷

[吹奏楽-レンタル譜] 想ひ麗し浄瑠璃姫の雫<コンポーザーズ・カット・エディション> (樽屋雅徳)

27,500円(税込)

商品コード: 102-17663

出版:フォスターミュージック (fostermusic Inc.)

品番:FML-0294

発売:2021/04/22 発売

演奏形態: 吹奏楽

商品形態: レンタル譜

編成: 小編成 (15人 )

グレード: 4

タイム: 6分50秒

スコアサイズ: A4


ご注文時にレンタル楽譜利用申請書のご提出をお願いしております。詳しくはこちら

※レンタル楽譜のお申込について

スタディスコアはこちら

発送日目安:
レンタル楽譜使用許諾申請書受領後1〜3営業日
送料について>
数量:
在庫:
在庫あり
お気に入りに追加

お気に入り登録は、ログインしているお客さまのみご利用頂けます。

お電話でもご注文いただけます。

お問い合わせ(取り寄せ商品の納期確認など)もお気軽にどうぞ。下記の商品コードをお伝え下さい。

商品コード: 102-17663

[吹奏楽-レンタル譜] 想ひ麗し浄瑠璃姫の雫<コンポーザーズ・カット・エディション> (樽屋雅徳) この商品をみんなに教える!

試聴・サンプル

商品紹介

浄瑠璃姫とは、三河の国矢作につたわる姫君。
奥州を目指して東へ下る源義経は、この美しい浄瑠璃姫と恋に落ちました。
しかし、義経は大事な旅の途中のため、姫とは別れ先を急ぎます。ところがその先の蒲原宿で重い病になり、浜辺へ遺棄されてしまいます。
義経の危機を知った浄瑠璃姫は浜へとたどり着き、義経の亡骸を抱き、涙を流し愛する義経の蘇生を祈願します。
祈りは届き、息を吹き返した義経は、身分を明かしますが、またもや涙ながらに姫と別れ、奥州を目指し再び旅に出ました。
再会を約束した姫のもとに今度は義経が平泉で討たれたという知らせが届き、姫はすぐさま陸奥へと旅立ちました。こうして姫はようやく義経にめぐり会えましたが、喜びも束の間、姫は長旅の疲れから病に臥し、むなしく息を引き取ったと言われています。
義経は悲しみに襲われながらも、姫への想いを胸に津軽半島を経由し、やがて蝦夷へと向かうのでした。

現代の青森ねぶた祭りに、この義経の北行伝説のねぶたが登場したことがあり、実は北行伝説を語る上で、浄瑠璃姫の伝説も重要な鍵だと言われているそうです。
これらの青森を舞台とした伝説が津軽三味線の音色と共に語り継がれたことから、この曲にもねぶた音階、津軽三味線のイメージを織り込み、義経の伝説の壮大さや浄瑠璃姫との切ない恋物語をイメージし、作曲しています。(樽屋雅徳)

この版は、2015年に出版された現行版(FML-0142)を元に、全日本吹奏楽コンクール小編成部門の編成と制限時間を基準に、オーケストレーションおよび構成を改訂したものです。


Minamoto no Yoshitsune was on his way to Oshu when he fell in love with Jorurihime, a princess from Yahagi of Mikawa no Kuni.
As Yoshitsune was in the midst of his journey, he went on his way after parting with the princess. However, he fell seriously ill at Kambarajuku subsequently and his body was abandoned along the beach.
After learning of Yoshitsune’s predicament, Jorurihime arrived at the beach and embraced Yoshitsune’s corpse. She broke into tears and prayed for the revival of her lover. Her prayers moved the gods and Yoshitsune was revived, but he parted ways with the princess tearfully and set out on his journey once again.
The princess who had promised Yoshitsune that they would meet again then received news that Yoshitsune had been defeated at Hiraizumi and she immediately set out for Mutsu. This allowed her to finally meet Yoshitsune once again, but their joy was short-lived. It was said that the princess fell sick due to exhaustion from her long journey, and eventually breathed her last.
Yoshitsune was struck by sadness and traveled through the Tsugaru Peninsula and eventually to Ezo while keeping the princess in his heart.

It is said that this tale of Jorurihime forms an important part of the above legend of Yoshitsune’s Northern Route, which has also been featured at the Aomori Nebuta Festival.
As these legends set in Aomori have been passed down along with the sounds of the Tsugaru-jamisen, the composition of this piece was inspired by Yoshitsune’s epic legend and his heartbreaking love story with Jorurihime and incorporates the Nebuta scale as well as elements of the Tsugaru-jamisen.


This arrangement is based on the current version (FML-0142) published in 2015, and its orchestration and structure have been revised to satisfy the orchestration and duration requirements of the Small Band category of the All-Japan Band Competition.

想ひ麗し浄瑠璃姫の雫<コンポーザーズ・カット・エディション>

Tears of PRINCESS JORURI (Composers cut edition)

作曲: 樽屋雅徳 (Masanori Taruya)

スタディスコアはこちら


原曲を試聴(外部サイトにリンクします)

編成:吹奏楽 - 小編成

演奏人数の目安: 15人
 ※各パート1名(optionalは-1、div.は+1)で算出


  • Piccolo (optional)
  • Flute
  • Oboe (optional)
  • Bassoon (optional)
  • Bb Clarinet 1
  • Bb Clarinet 2 (optional)
  • Bass Clarinet
  • Alto Saxophone 1
  • Alto Saxophone 2 (optional)
  • Tenor Saxophone
  • Baritone Saxophone
  • Trumpet 1
  • Trumpet 2 (optional)
  • Horn 1
  • Horn 2 (optional)
  • Trombone 1
  • Trombone 2 (optional)
  • Euphonium
  • Tuba
  • String Bass (optional)
  • Percussion 1 (Tri., Sus.Cym., Timp.)
  • Percussion 2 (Glock., SleighBells., Whip, Sus. Cym., 手振り鉦)
  • Percussion 3 (Vib.,締太鼓&和太鼓)
  • Piano

樽屋雅徳(Masanori Taruya)

1978年千葉県銚子市生まれ。武蔵野音楽大学音楽学部作曲学科卒業。佐藤博、宮本良樹各氏に師事。

フランスで吹奏楽曲「Ardent Overture」を出版。代表作として「絵のない絵本」「民衆を導く自由の女神」「マゼランの未知なる大陸への挑戦」「ラザロの復活」「マードックからの最後の手紙」などがある。

全国の吹奏楽団やマーチングバンドからの委嘱も数多く、その作品の多くが国内外問わず広く演奏され、日本でもっとも人気のある作曲家のひとりである。また、作曲・編曲の傍ら、吹奏楽指導やコンクール等の審査員、執筆活動などでも多くの成果を挙げている。

2004年〜2018年まで銚子市立銚子高等学校の音楽監督を務めマーチングコンテストで全国大会へ、吹奏楽コンクールでは東関東大会、東日本大会へと導く。

現在はベルモンテウィンドオーケストラの指揮者・音楽監督を務め、指導者としても高い評価を受けている。

  • 送料無料
  • 予備
  • 即日出荷

[吹奏楽-レンタル譜] 想ひ麗し浄瑠璃姫の雫<コンポーザーズ・カット・エディション> (樽屋雅徳)

27,500円(税込)
個数:
お気に入りに追加

お電話でもご注文いただけます。

お問い合わせ(取り寄せ商品の納期確認など)もお気軽にどうぞ。下記の商品コードをお伝え下さい。

商品コード: 102-17663

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む
このページの先頭へ