選曲コンシェルジュ

カテゴリー一覧

絞り込み検索

カテゴリ

ジャンル

グレード

編成

演奏時間

サンプル

フリーワード

作曲者名や曲名などを入力してください。

新型コロナウイルスにおける対応について


  1. ホーム > 
  2. フォスターミュージック出版作品一覧
  3.  > [吹奏楽-レンタル譜] 斐伊川に流るるクシナダ姫の涙 (樽屋雅徳)
  • 送料無料
  • 予備
  • 即日出荷

[吹奏楽-レンタル譜] 斐伊川に流るるクシナダ姫の涙 (樽屋雅徳)

30,800円(税込)

商品コード: 102-04738

出版:フォスターミュージック (fostermusic Inc.)

品番:FML-0102

発売:2013/03/13 発売

演奏形態: 吹奏楽

商品形態: レンタル譜

編成: 中編成 (33人 )

グレード: 4

タイム: 8分39秒

こちらの商品には、演奏人数の目安23人 演奏可能な商品、小編成版(商品コード:102-06627)もございます。お間違いのないようにお申込ください。


ご注文時にレンタル楽譜利用申請書のご提出をお願いしております。詳しくはこちら

※レンタル楽譜のお申込について

スタディスコアはこちら

発送日目安:
レンタル楽譜使用許諾申請書受領後1〜3営業日
送料について>
  • このタイトルには編成などの異なる別の版もございます。商品内容をご確認のうえお間違いのないようにお申込ください。:
数量:
在庫:
在庫あり
お気に入りに追加

お気に入り登録は、ログインしているお客さまのみご利用頂けます。

お電話でもご注文いただけます。

お問い合わせ(取り寄せ商品の納期確認など)もお気軽にどうぞ。下記の商品コードをお伝え下さい。

商品コード: 102-04738

[吹奏楽-レンタル譜] 斐伊川に流るるクシナダ姫の涙 (樽屋雅徳) この商品をみんなに教える!

試聴・サンプル

商品紹介

古事記上巻に記される出雲神話「ヤマタノオロチ退治神話」より、物語のヒロイン、クシナダ姫にスポットを当て曲を描いています。

ヤマタノオロチ退治神話とは、海の神スサノオが、クシナダ姫を守るため、八つの頭に八本の尾を持つ大蛇ヤマタノオロチを退治するお話です。

この神話は、スサノオが暴力をふるったことで高天原から追い出され、下界に降り立ったことにより始まります。その場所が出雲国の肥の河の鳥髪、現在の出雲市を流れる斐伊川の上流でした。川をしばらく歩いていると、老夫婦とその娘クシナダが泣いているのを見つけ、スサノオは声をかけます。訳を聞くと、年に一度村にやってくるヤマタノオロチに、娘七人が既に生贄にされ、最後に残ったクシナダも今から喰われてしまうと言うのです。逆らうことのできない運命に涙を流すクシナダを気の毒に思ったスサノオは、クシナダを妻にもらうことを条件に、ヤマタノオロチの退治を引き受けます。

スサノオはクシナダの姿を隠すため彼女を櫛に変えて自分の髪に挿し、老夫婦には、強い酒を造ること、八つの門を作ること、その門の内側に大きなおけを置き、その酒を注いで入れておくようにと申し付けヤマタノオロチを待ち受けます。その作戦は見事功を奏し、八つの頭を八つのおけに差し入れて飲み干したオロチはすっかり酔っぱらいスサノオに切り刻まれてしまいました。見事ヤマタノオロチ退治に成功しクシナダを妻としたスサノオは、「八雲立つ 出雲八重垣 妻籠みに 八重垣つくる その八重垣を」と喜びの詠を読んだと言われています。


This work was inspired by Princess Kushinada, the heroine of the Izumo mythology “the slaying of Yamata no Orochi” in the first volume of Kojiki. The Yamata no Orochi mythology is a story in which to slay a large snake Yamata no Orochi with eight tails and eight heads by the ocean god Susanoo in order to protect the Princess Kushinada.

This myth begins when Susanoo was pushed out of the Takamagahara (heven) due to the violent action and descended to the lower bound. Its place was the bird hair of the Hii River in Izumo Province and the upstream of the Hii River flowing in Izumo City today. As Susanoo walked down the river for a while, he found Kushinada and her parents crying, so he called out. Asking them why they were crying, they told Yamata no Orochi who came to the village once a year that their seven daughters were sacrificed, and the last surviving Kushinada is now eaten by the beast. Susanoo, who felt sorry for Kushinada’s fate, promised them to fight off Yamata no Orochi instead of having Kushinada as his wife.

Susanoo turned Kushinada’s body into a comb and put it in his hair to hide her. She orders her parents to make strong sake, make eight gates, place a large casks inside the gate, and pour the sake in, and wait for Yamata no Orochi. When Yamata no Orochi appeared, he put eight heads into eight casks and drank up the sake. As Susanoo’s strategy, the beast was completely drunk and was killed by Susanoo.

Susanoo, who repulsed Yamata no Orochi with his wife Kushinada, is said to have made a tanka of joy.

斐伊川に流るるクシナダ姫の涙

Tears of the Princess KUSHINADA flowing in Hii

作曲: 樽屋雅徳 (Masanori Taruya)
収録: [吹奏楽-CD] 【配信販売】コンクール自由曲ベストアルバム5「鼓響・・・故郷」 (海上自衛隊東京音楽隊 / cond. 加養浩幸)

スタディスコアはこちら


音楽配信サービスで聞く(外部サイトにリンクします)

編成:吹奏楽 - 中編成

演奏人数の目安: 33人
 ※各パート1名(optionalは-1、div.は+1)で算出


  • Piccolo
  • Flute 1
  • Flute 2
  • Oboe
  • Bassoon
  • Bb Clarinet 1
  • Bb Clarinet 2
  • Bb Clarinet 3
  • Bass Clarinet
  • Alto Saxophone 1
  • Alto Saxophone 2
  • Tenor Saxophone
  • Baritone Saxophone
  • Trumpet 1
  • Trumpet 2
  • Trumpet 3
  • Horn 1
  • Horn 2
  • Horn 3
  • Horn 4
  • Trombone 1
  • Trombone 2
  • Trombone 3
  • Euphonium
  • Tuba
  • String Bass
  • Piano
  • Timpani
  • Percussion 1 (Claves, Cymbals, Tam-tam, Brake Drum(or ちゃんちき), Sleigh Bells(鈴), Suspended Cymbal)
  • Percussion 2 (Vibraphone, Glockenspiel, Cymbals, Sleigh Bells(鈴), Xylophone, Tam-tam)
  • Percussion 3 (Bass Drum(or Taiko Drum), Sleigh Bells(鈴))
  • Percussion 4 (Glockenspiel, 附け打ち*, Bongos(or 締太鼓), Cymbals)
  • Percussion 5 (Wind Chimes, Cymbals, Finger Cymbals, Triangle, Whip)

<編成に関する補足>
*Bass Clarinet
加線:下第4線の実音C(記譜レ)、実音Cis(記譜レ♯)について、使用楽器の最低音がLow Cでない場合には、オクターブ上げて演奏してください。

樽屋雅徳(Taruya Masanori)

1978年千葉県銚子市生まれ。武蔵野音楽大学音楽学部作曲学科卒業。佐藤博、宮本良樹各氏に師事。

フランスで吹奏楽曲「Ardent Overture」を出版。代表作として「絵のない絵本」「民衆を導く自由の女神」「マゼランの未知なる大陸への挑戦」「ラザロの復活」「マードックからの最後の手紙」などがある。

全国の吹奏楽団やマーチングバンドからの委嘱も数多く、その作品の多くが国内外問わず広く演奏され、日本でもっとも人気のある作曲家のひとりである。また、作曲・編曲の傍ら、吹奏楽指導やコンクール等の審査員、執筆活動などでも多くの成果を挙げている。

2004年〜2018年まで銚子市立銚子高等学校の音楽監督を務めマーチングコンテストで全国大会へ、吹奏楽コンクールでは東関東大会、東日本大会へと導く。

現在はベルモンテウィンドオーケストラの指揮者・音楽監督を務め、指導者としても高い評価を受けている。

  • 送料無料
  • 予備
  • 即日出荷

[吹奏楽-レンタル譜] 斐伊川に流るるクシナダ姫の涙 (樽屋雅徳)

30,800円(税込)
  • このタイトルには編成などの異なる別の版もございます。商品内容をご確認のうえお間違いのないようにお申込ください。:
個数:
お気に入りに追加

お電話でもご注文いただけます。

お問い合わせ(取り寄せ商品の納期確認など)もお気軽にどうぞ。下記の商品コードをお伝え下さい。

商品コード: 102-04738

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む
このページの先頭へ