10%還元

カテゴリー一覧

絞り込み検索

カテゴリ

ジャンル

グレード

編成

演奏時間

サンプル

フリーワード

作曲者名や曲名などを入力してください。

新型コロナウイルスにおける対応について(2020/08/04更新)


  1. ホーム > 
  2. 楽譜 > 
  3. アンサンブル楽譜 > 
  4. 金管アンサンブル楽譜
  5.  > [金管7重奏] ボン・ボヤージュ! (広瀬勇人) Bon Voyage!
[金管7重奏] ボン・ボヤージュ! (広瀬勇人) Bon Voyage!
  • メール便対応
  • 予備
  • お取り寄せ

[金管7重奏] ボン・ボヤージュ! (広瀬勇人) Bon Voyage!

3,740円(税込)
商品コード107-06463
演奏-商品形態金管-アンサンブル楽譜
出版社情報

ブレーンミュージック (Brain Music)

ENMS-84463

2016/07/22 発売

アーティスト

作曲: 広瀬勇人 (Hayato Hirose)

データ

編成: 7重奏

( Trp. 1 / Trp. 2 / Hr. / Trb. 1 / Trb. 2 / Euph. / Tuba

)

グレード: 3+

演奏時間: 4分40秒

参考情報

【参考音源】

[金管-CD] 金管アンサンブル「ボン・ボヤージュ!」ブレーン・アンサンブル・コレクション Vol.30 (広島ウインドオーケストラ) BOCD-8411
発送日目安:
お取寄せ(3~5営業日)
送料について>
数量:
在庫:
在庫なし(お取寄せ)
この商品はお取り寄せ商品です。
ご注文後は入荷次第の発送となりますのでご了承ください。
お気に入りに追加

お気に入り登録は、ログインしているお客さまのみご利用頂けます。

お電話でもご注文いただけます。

お問い合わせ(取り寄せ商品の納期確認など)もお気軽にどうぞ。下記の商品コードをお伝え下さい。

商品コード: 107-06463

[金管7重奏] ボン・ボヤージュ! (広瀬勇人) Bon Voyage! この商品をみんなに教える!

商品紹介

 「ボン・ボヤージュ!」は2016年、ブレーン・ミュージックへの書き下ろし作品として作曲されました。 
 曲名はフランス語で「良い旅を!」という意味で、オープニングの華やかなtuttiが旅の出発を表し、躍動感溢れるTrp.とEuph.のメロディが、目的の場所へ向かう際の心の高揚感を表しています。
ゆったりとした中間部では、憧れていた場所での充実した時間を描き、速くなった箇所では帰路へと再び旅立ちます。

 編成はTrp.2, Hr, Trb.2, Euph, Tubaの金管7重奏で作曲されていますが、メンバーの構成等によっては多少楽器が変わっても構いません(例:Hr.→Trp.3, Trb.1→Hr.2, Tuba→Bs.Trb、等)。喜びと躍動感に溢れた、明るい演奏を心掛けると良いでしょう。 (広瀬勇人)

編成:金管 - 7重奏

  • Trumpet 1
  • Trumpet 2
  • Horn
  • Trombone 1
  • Trombone 2
  • Euphonium
  • Tuba

広瀬勇人 (Hayato Hirose)

1974年東京生まれ。東京ミュージック&メディアアーツ尚美を首席で卒業後、ボストン音楽院作曲科(米国)で優秀賞を受賞し卒業。レメンス音楽院大学院(ベルギー)にてヤン・ヴァンデルロースト氏の元で研鑽を積む。作曲科および指揮科で修士号を取得。
日本現代音楽協会新人賞入選、ニューイングランド学生作曲コンクール第1位、21世紀の吹奏楽「響宴」入選。これまで数多くの委嘱作品を手掛け、作品は日米欧の各出版社より出版、録音される。代表作「キャプテン・マルコ」「ブレーメンの音楽隊」「バベルの塔」「ダビデの栄光」といった作品がドイツ、スイス、の吹奏楽コンクールの課題曲に選出される。
作曲をヤン・ヴァンデルロースト、ピート・スウェルツ、アンディ・ ヴォース、松平頼暁各氏に師事。又、指揮者としても精力的に活動している。尚美ミュージックカレッジ専門学校専任講師。
「広瀬勇人オフィシャルHP」 http://www.hayatohirose.com/
[金管7重奏] ボン・ボヤージュ! (広瀬勇人) Bon Voyage!
  • メール便対応
  • 予備

[金管7重奏] ボン・ボヤージュ! (広瀬勇人) Bon Voyage!

3,740円(税込)
個数:
お気に入りに追加

お電話でもご注文いただけます。

お問い合わせ(取り寄せ商品の納期確認など)もお気軽にどうぞ。下記の商品コードをお伝え下さい。

商品コード: 107-06463

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む
このページの先頭へ