選曲コンシェルジュ

カテゴリー一覧

絞り込み検索

カテゴリ

ジャンル

グレード

編成

演奏時間

サンプル

フリーワード

作曲者名や曲名などを入力してください。

新型コロナウイルスにおける対応について


  1. ホーム > 
  2. 楽譜 > 
  3. アンサンブル楽譜 > 
  4. サクソフォン | サックス楽譜
  5.  > [サクソフォン3重奏] ソナタ・ヘキサグラミック(ATB) (日景貴文)
  • メール便対応
  • 予備
  • お取り寄せ

[サクソフォン3重奏] ソナタ・ヘキサグラミック(ATB) (日景貴文)

3,520円(税込)

商品コード: 107-08051

出版:ブレーンミュージック (Brain Music)

品番:ENMS-84529

発売:2019/07/19 発売

演奏形態: サクソフォン

商品形態: アンサンブル楽譜

編成: 3重奏

( A.Sax. / T.Sax. / B.Sax. )

グレード: 4

タイム: 4分30秒

発送日目安:
お取寄せ(3~5営業日)
送料について>
数量:
在庫:
在庫なし(お取寄せ)
この商品はお取り寄せ商品です。
ご注文後は入荷次第の発送となりますのでご了承ください。
お気に入りに追加

お気に入り登録は、ログインしているお客さまのみご利用頂けます。

お電話でもご注文いただけます。

お問い合わせ(取り寄せ商品の納期確認など)もお気軽にどうぞ。下記の商品コードをお伝え下さい。

商品コード: 107-08051

[サクソフォン3重奏] ソナタ・ヘキサグラミック(ATB) (日景貴文) この商品をみんなに教える!

試聴・サンプル

商品紹介

埼玉県・朝霞市立朝霞第一中学校吹奏楽部顧問の外 三吉先生からの委嘱で作曲しました。さて、どういった作品にしようか……と考えていたところ、「外 『三』吉先生」と「サックス『三』重奏」と、2つの「3」が目に留まりました。そして、「Sax.」という文字からは「Es(=S)」と「A」という、半音6つの音程をもつ2音を見つけたことから「6」をテーマにしたものを作ろうと考えました。

タイトルには「SONATA」とありますが(……おや、ここにも「Es」と「A」がいますね)、厳格なソナタ形式というわけではなく、比較的自由に展開する形を採っています。テンポの速い部分では、特徴的な和音を響かせつつ旋律やリズムが複雑に絡んでいきますが、推進力を維持しながら演奏できるとよいでしょう。また、第1主題と対照的な第2主題は、旋律の扱い方や音色を工夫することでその差をより深く表現することができそうです。

最後に、第24回西関東アンサンブルコンテストにおいて、大変見事な演奏でこの作品を披露してくれた谷 真之介さん(A.Sax.)、葛木 楓さん(T.Sax.)、 橋 昇太朗さん(B.Sax.)の3人に、この場をお借りして改めてお礼を申し上げます。(日景貴文)


-

ソナタ・ヘキサグラミック(ATB)

作曲: 日景貴文 (Takafumi Hikage)
収録: [アンサンブル-CD] 第44回全日本アンサンブルコンテスト全国大会 - 中学・高校編(3枚組) (様々な演奏者による) (2021/05/26発売)

編成:サクソフォン - 3重奏

  • Alto Saxophone
  • Tenor Saxophone
  • Baritone Saxophone

日景貴文 (Takafumi Hikage)

1990年、埼玉県生まれ。西武学園文理高等学校、及び、尚美学園大学音楽表現学科作曲コースを卒業。第5回日本管打・吹奏楽学会作曲賞佳作、第19回「21世紀の吹奏楽“響宴”」入選、第11回全日本吹奏楽連盟作曲コンクール第1位を受賞。大学在学中は、成績優秀者として3年連続で在学特待生に選出され(うち2度は首席)、大学3年次に大学学長賞を受賞。これまでに作編曲者、指揮者としてラジオ、テレビドラマ、アニメの音楽制作を担当。作曲を川島素晴、愛澤伯友、坂田晃一、久木山直の各氏に、吹奏楽指導法を岡崎明義、合田香の各氏に師事。作編曲のほか、吹奏楽指導、指揮、楽譜浄書、各種コンクール審査員なども行う。大正大学吹奏楽団常任指揮者。

[サクソフォン3重奏] ソナタ・ヘキサグラミック(ATB) (日景貴文)
  • メール便対応
  • 予備

[サクソフォン3重奏] ソナタ・ヘキサグラミック(ATB) (日景貴文)

3,520円(税込)
個数:
お気に入りに追加

お電話でもご注文いただけます。

お問い合わせ(取り寄せ商品の納期確認など)もお気軽にどうぞ。下記の商品コードをお伝え下さい。

商品コード: 107-08051

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む
このページの先頭へ