5%還元

カテゴリー一覧

絞り込み検索

カテゴリ

ジャンル

グレード

編成

演奏時間

サンプル

フリーワード

作曲者名や曲名などを入力してください。

  1. ホーム > 
  2. フォスターミュージック出版作品一覧
  3.  > [サクソフォン4重奏] 2人でお茶を (ユーマンス, V / arr. 牛島安希子)
  • メール便対応
  • スコアサンプル
  • 試聴
  • YouTube
  • 予備
  • 即日出荷

[サクソフォン4重奏] 2人でお茶を (ユーマンス, V / arr. 牛島安希子)

4,400円(税込)

商品コード: 105-08310

出版:フォスターミュージック (fostermusic Inc.)

品番:FME-0445

発売:2019/11/21 発売

シリーズ: ハッピー☆マッキーSAXカルテット

演奏形態: サクソフォン

商品形態: アンサンブル楽譜

編成: 4重奏

( A.Sax. 1 opt. S.Sax./ A.Sax. 2 / T.Sax. / B.Sax. )

タイム: 4分30秒

発送日目安:
土日祝を除く13時までのご注文は即日出荷
送料について>
数量:
在庫:
在庫あり
お気に入りに追加

お気に入り登録は、ログインしているお客さまのみご利用頂けます。

お電話でもご注文いただけます。

お問い合わせ(取り寄せ商品の納期確認など)もお気軽にどうぞ。下記の商品コードをお伝え下さい。

商品コード: 105-08310

[サクソフォン4重奏] 2人でお茶を (ユーマンス, V / arr. 牛島安希子) この商品をみんなに教える!

試聴・サンプル

商品紹介

2人でお茶を

Tea For Two

作曲: ヴィンセント・ユーマンス (Vincent Youmans)
編曲: 牛島安希子 (Akiko Ushijima)

ジャズ・スタンダートのナンバー「2人でお茶を」をラテン音楽のリズムでアレンジしました。
もともとは1924年に初演されたミュージカル「ノー・ノー・ナネット」で使用された楽曲で、原作では、ヒロインのナネットが恋人のトムとの将来を思い描いて歌う曲として扱われました。ミュージカルよりもこの楽曲が一人歩きする形で大ヒットを収め、数多のミュージシャンによってカバーされてきました。クラシックではショスタコーヴィチがオーケストラ用にアレンジし「タヒチ・トロット」の題名で発表したことでもよく知られ、さまざまな層に愛されている楽曲です。

リズムを特徴付けているアクセントやテヌート、そして休符をしっかりと意識して演奏してください。
1st Alto SaxophoneパートはSoprano Saxophoneでも演奏可能です。編成に応じてお楽しみください。


-

編成:サクソフォン - 4重奏

  • Alto Saxophone 1 opt. Soprano Saxophone
  • Alto Saxophone 2
  • Tenor Saxophone
  • Baritone Saxophone

編成・カットなどの変更が生じる際は、編曲利用申請書をご提出ください。
編曲利用申請に関する注意事項


編曲:牛島安希子 (Akiko Ushijima)

作曲家。愛知県立芸術大学大学院音楽研究科作曲専攻修了。

ハーグ王立音楽院作曲専攻修士課程修了。室内楽作品、エレクトロアコースティック作品の制作や映像とのコラボレーションを行っている。作品はノヴェンバーミュージックフェスティバル(オランダ)、アルスムジカ音楽祭(ベルギー)やアメリカ、イギリス、ドイツ、ロシアなど世界各地で演奏されている。

第六回JFC作曲賞入選。ICMC 2013,2014 入選。MUSICA NOVA 2014入選。愛知県立芸術大学非常勤講師を経て、現在、名古屋芸術大学非常勤講師。日本作曲家協議会、先端芸術音楽創作学会会員。

ハッピー☆マッキーSAXカルテット

2010年にリーダー河西麻希の招集により結成した女性4人のSAXカルテット。
ジャズSAX奏者松元啓祐の編曲作品を 中心に、楽しいを集めたライブやイベントは人気を博しています。
クラシック奏者にも取り組みやすいアレンジです。

  • メール便対応
  • スコアサンプル
  • 試聴
  • YouTube
  • 予備
  • 即日出荷

[サクソフォン4重奏] 2人でお茶を (ユーマンス, V / arr. 牛島安希子)

4,400円(税込)
個数:
お気に入りに追加

お電話でもご注文いただけます。

お問い合わせ(取り寄せ商品の納期確認など)もお気軽にどうぞ。下記の商品コードをお伝え下さい。

商品コード: 105-08310

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む
このページの先頭へ