MENU
会員登録
新規会員ご登録はこちら
ログイン
会員の方はこちらからログイン

現在カート内に商品はございません。

プラサ・デ・エスパーニャ:坂井貴祐 [サクソフォン4重奏]

4,400円 (税込)
フォスターミュージック/FME-0496
作曲: 坂井貴祐
演奏時間:0:04:20
Grade:5
編成:サクソフォン4重奏
S.sax./A.sax./T.sax./B.sax.
アンサンブル楽譜
商品コード:105-17833

在庫あり

  • YouTube
  • スコアサンプル
※送料は別途発生いたします。詳細はこちら
※¥11,000(税込)以上のご注文で国内送料が無料になります。

数量:

カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
  • 概要
  • 詳細
  • 補足
  • ENGLISH

プラサ・デ・エスパーニャ

1929年に開催された万国博覧会「イベロ・アメリカ博覧会」の会場として造られたセビリアの「スペイン広場」。弧を描くように作られたムデハル様式の壮大な建物と回廊、スペイン各県の紋章や歴史的な出来事を描いたタイル画、敷地内にぐるりと張り巡らされた水路とそこに架かるアーチ状の橋など、数々の美しい光景が広がるこの場所では、水路でのんびり舟を漕いだり、周囲をゆったり散策したり、人々が思い思いの時間を過ごしています。その中にはもちろん、ベンチに座ってギターを弾く男性や、フラメンコを楽しむ人々の姿も……。それらの光景にインスピレーションを受けて作ったのが本作『プラサ・デ・エスパーニャ(Plaza de Espana)』です。

全体的にはフラメンコ(中でもブレリアス)からアイデアを得た部分が大きい作品で、主要部分はテンポ180、3/4拍子(または3/4+2/4拍子)で進みます。曲の要所要所ではアルトサックスやソプラノサックスによるカデンツァ風のソロも挿入されており、それも聴きどころのひとつとなっています。

「ペンタグラム」(2007年)、「アリオーソとトッカータ」(2012年) に続く、ヴィーヴ!サクソフォン・クヮルテットからの委嘱作品第3弾として2021年3月に作曲。2021年6月16日、委嘱団体により東京文化会館小ホールにて初演されました。

仕様

アーティスト
作曲: 坂井貴祐
演奏形態
サクソフォン
編成
4重奏
商品カテゴリ
アンサンブル楽譜
演奏時間
0:04:20
グレード
5
出版社 / 品番
フォスターミュージック / FME-0496
JANコード
4560318476844
発売日(年)
2021/09/16

楽器編成

Soprano Saxophone
Alto Saxophone
Tenor Saxophone
Baritone Saxophone
サイズ
A4/1cm未満

PLAZA DE ESPANA

The Plaza de Espana in Seville was built as the venue for the IberoAmerican Exposition held in 1929. This landmark is home to many memorable sights, including magnificent Mudejarstyle buildings and corridors that showcase the beauty of curves, tiles that have been painted with the emblems of Spanish provinces and images that depict famous historical events, as well as waterways that extend throughout the plaza and arch bridges that straddle them. Visitors often enjoy some quality time at the Plaza de Espana by leisurely paddling down the waterway or taking a relaxing stroll around the area. Of course, a common sight here is that of men sitting on benches playing a guitar to a captivated audience of flamenco fans. This piece, “Plaza de Espana,” was written by drawing inspiration from these scenes.

This piece had been largely inspired by the flamenco style, and especially the bulerias rhythm, with its main section written in 3/4 time (or 3/4 + 2/4 time) at a tempo of 180. The highlights of this piece include cadenzalike solos by alto and soprano saxophones that are played at some of the more important parts of the piece. Composed in March 2021, this is the third piece commissioned by the Vive! Saxophone Quartet following “Pentagram” (2007) and “Arioso e Toccata” (2012). It was premiered by the quartet on June 16th, 2021, at the small hall of Tokyo Bunka Kaikan.

Specifications

We cannot accept orders for international shipping from this site. Please contact us before ordering.

ARTIST
Composer: Takamasa SAKAI
INSTRUMENTATION
Saxophone / Quartet (4parts)
PRODUCT TYPE
Set / ENSEMBLE
DURATION
0:04:20
GRADE
5
PUBLISHER / Code
fostermusic Inc. / FME-0496
JAN
4560318476844
RELEASE
2021/09/16
OVERSEAS SHIPMENT
No
EUROPEAN PARTS
Not Included