MENU
会員登録
新規会員ご登録はこちら
ログイン
会員の方はこちらからログイン

現在カート内に商品はございません。

阿曇磯良(2022年改訂版):樽屋雅徳 [吹奏楽スコア]

2,860円 (税込)
フォスターミュージック/FML-0308FS
作曲: 樽屋雅徳
演奏時間:0:06:40
Grade:4+
編成:吹奏楽大編成/39人~
スコア
商品コード:302-18274

在庫あり

  • YouTube
  • スコアサンプル
※送料は別途発生いたします。詳細はこちら
※¥11,000(税込)以上のご注文で国内送料が無料になります。

数量:

カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
  • 概要
  • 詳細
  • 補足
  • ENGLISH

阿曇磯良(2022年改訂版)

阿曇磯良とは、日本書紀に残る海の神です。

遠い昔、神攻皇后は新羅侵略を狙い計画を練っており、さまざまな神が皇后に尽力していましたが、ただひとり海底に住む神・阿曇磯良はなかなか現れませんでした。
業を煮やした皇后は、ほかの神々に何としても阿曇磯良を連れてくるよう命じます。というのも、阿曇磯良が住む海底の竜宮には、潮満珠と潮干珠という霊力を持つ珠があり、この二つの珠があれば、海の満ち引きを自由に操ることができるため、それそこが勝利の鍵だと考えていたのです。

諸神が阿曇磯良を海底から招き出すため、海中に舞台を構え、磯良の好む楽や舞をし気を引こうと試み、ついに姿を表した磯良でしたが、海の満ち引きを左右するほどの強い力を持つ珠を簡単には渡すわけにはいかずこれを渋ります。しかし、皇后の熱い想いを受けて熟考を重ね、それが海の安全・平和を守ることにもつながるならと協力を承諾し、磯良は潮満珠・潮干珠を皇后に献上しました。

この二つの珠の力をもって、見事皇后は新羅を討つことに成功しました。阿曇磯良の協力なくしては、決して成すことはできなかったと称えられ、今でも海の神様として神社に祭られています。

この改訂版は、2016年に出版した版を元にカットを施しオーケストレーションを修正した改訂版です。(樽屋雅徳)

仕様

こちらの作品には、ほかに2016年に出版された「通常版」がございます。版違いによる返品交換は承りかねますので、お間違いのないようにお申込ください。

アーティスト
作曲: 樽屋雅徳
演奏形態
吹奏楽
編成
大編成/39人~
商品カテゴリ
スコア
演奏時間
0:06:40
グレード
4+
出版社 / 品番
フォスターミュージック / FML-0308FS
JANコード
4560318478152
発売日(年)
2022/03/24

スタディスコア/セット・版違いなど

【レンタル譜】阿曇磯良(2022年改訂版):樽屋雅徳 [吹奏楽大編成]
【レンタル譜】阿曇磯良:樽屋雅徳 [吹奏楽大編成]

楽器編成

Piccolo
Flute 1
Flute 2
Oboe
Bassoon
Eb Clarinet
Bb Clarinet 1
Bb Clarinet 2
Bb Clarinet 3
Bass Clarinet
Contrabass Clarinet
Alto Saxophone 1
Alto Saxophone 2
Tenor Saxophone
Baritone Saxophone
Trumpet 1
Trumpet 2
Trumpet 3
Horn 1
Horn 2
Horn 3
Horn 4
Trombone 1
Trombone 2
Trombone 3
Euphonium (div.)
Tuba
String Bass
Piano
Harp
Percussion 1: Suspended Cymbal
Percussion 2: Cymbals, ちゃんちき
Percussion 3: Bass Drum
Percussion 4: Tam-tam, Sleigh Bells
Percussion 5: 締太鼓 or Bongo
Percussion 6: 和太鼓
Percussion 7: Glockenspiel
Percussion 8: Marimba
サイズ
A4/1cm未満

AZUMI NO ISORA - 2022 REVISED EDITION

Legends say that when Empress Jingu was trying to conquer Silla and various divinities were doing their best to help her, the deity living in the depths of the sea, Azuminoisora, did not show up. Two sacred pearls with the power to freely control the ebb and flow of the tides, Shiomitsutama and Shiofurutama, were housed in the dragon palace at the bottom of the sea, where Isora lived. The empress believed that the power of these pearls held the key to her victory and ordered Isora to be brought to her at all costs. To lure Isora from the depths of the sea, a stage was set up in the sea to perform the music and dance that Isora enjoyed and attract his attention. However, Isora was reluctant to hand over the powerful pearls so easily. Eventually, he was moved by the Empress’ determination and agreed to help her as doing so would also keep the sea safe and peaceful. He presented the Shiomitsutama and Shiofurutama to the Empress, who then successfully conquered Silla. The invasion would not have been successful without the support of Azuminoisora, and thus he is still worshipped at Shinto shrines today as the deity of the sea.

This is a revised version based on the original version published in 2016 with cuts and revised orchestration.

Specifications

We cannot accept orders for international shipping from this site. Please contact us before ordering.

ARTIST
Composer: Masanori TARUYA
INSTRUMENTATION
Windband / More than 45 Players
PRODUCT TYPE
STUDY SCORE (PARTS Sold separately)
DURATION
0:06:40
GRADE
4+
PUBLISHER / Code
fostermusic Inc. / FML-0308FS
JAN
4560318478152
RELEASE
2022/03/24
OVERSEAS SHIPMENT
No
EUROPEAN PARTS
Not Included