MENU
会員登録
新規会員ご登録はこちら
ログイン
会員の方はこちらからログイン

現在カート内に商品はございません。

トロンボーンとピアノのためのソナタ「風花賛礼」〈改訂版〉:高嶋圭子 [トロンボーンソロ]

5,500円 (税込)
フォスターミュージック/FME-0313
作曲: 高嶋圭子
演奏時間:0:17:00
Grade:5
編成:トロンボーンソロ
ソロ譜
商品コード:105-06066

在庫あり

  • YouTube
※送料は別途発生いたします。詳細はこちら
※¥11,000(税込)以上のご注文で国内送料が無料になります。

数量:

カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
  • 概要
  • 編成/曲目
  • 補足
  • ENGLISH

トロンボーンとピアノのためのソナタ「風花賛礼」〈改訂版〉

本作品、トロンボーンとピアノのためのソナタ「風花賛礼」はトロンボーン奏者・吉川武典氏の委嘱により作曲した作品で、2010年7月の吉川氏のリサイタルにおいて、ピアノは三輪郁さんにより初演されました。

作曲にあたり、吉川氏から「作品をあまり平易なものにはせず、演奏しがいのあるものにしてほしい。」という要望がありました。あれこれ悩みましたが思案の末に四つの楽章からなる「ソナタ」を書くことに決め、出来上がったのが本作品です。

初版の出版後、全国各地で再演の機会が得られましたが、その演奏を聴くたびに作曲当初には思いつかなかった気づきがありました。そして、たびたび演奏を聴くうちに、その気づきを楽曲に反映させ、更により魅力的な作品にしたいという想いが次第に強まっていきました。

改訂版の作成にあたり、吉川氏からもたくさんの気づきや助言をいただくことができました。それをふまえ、楽譜に手を加えては試奏をするという作業を繰り返しつつ、改訂版を練り上げていきました。

言うまでもなく、楽譜は作曲者と演奏者を結ぶツールです。そのツールを通して、楽曲に対する私の想いが演奏者に正しく伝わるように、テンポ・ディナーミク・アーティキュレーション、等々の楽譜に対する表記も細かく見直しました。
本作品を演奏してくださる皆様には、楽譜に記されている一つ一つの記号も含め、楽譜を通して私の楽曲に対する想いを受け止めていただいた上で、ご自身の演奏を追求していただきたいと思います。

〈演奏にあたってのお願い〉
第一楽章 序奏として奏でられる穏やかな旋律の反復は遠くから聞こえてくるように。その後に現れる主題は堂々と勇ましく。

第二楽章 Nostalgia 短調ではありますが、それは悲しみの音楽ではなく望郷の念を表しています。ゆったりとした三拍子ですが停滞することなく静かに前へと進んでください。

第三楽章 Serenade この楽章では、トロンボーンに弦楽器におけるチェロのような滑らかで軽快な旋律の動きを求めています。揺れ動きながら決して重くならないように旋律を美しく歌い上げてください。

第四楽章 主題の性格を十分捉えて、決然とリズムを刻みながらも軽快さを失わないように演奏してください。テンポは早くなりすぎないように、しかし前へと進んでいく推進力を望みます。Fからのコーダでは、第1主題の冒頭部分が時折現れながら曲尾に向かっていきます。最後は朗々と高らかに歌い上げてください。

全曲を通してピアノパートには、時にはオーケストラがトゥッティで演奏するような厚みのあるサウンドを、また時には小編成の室内楽アンサンブルに見られるような繊細で表情豊かな楽器の音色をイメージして書いています。ピアノ奏者の方は、それらを楽譜から読み取った上で、しっかりトロンボーンパートを支えてください。

「風花賛礼」の「風花」とは、人と人との間に吹く風が様々な出会いをもたらしそれによって咲く花のことを指しています。この曲を演奏してくださる方、そして聞いてくださる方の心の中にも色とりどりの花が咲くことを願っています。(2023年5月 高嶋圭子)

※吉川の「吉」は、土+口、高嶋の「高」は、はしごだかが正式です。

仕様

アーティスト
作曲: 高嶋圭子
演奏形態
トロンボーン
編成
ソロ
商品カテゴリ
ソロ譜
演奏時間
0:17:00
グレード
5
出版社 / 品番
フォスターミュージック / FME-0313
JANコード
4560318473133
発売日(年)
2023/05/24
関連情報
トロンボーンとピアノのためのソナタ「風花賛礼」改訂版発売記念 高嶋圭子 吉川武典 解説&スペシャル対談(外部サイトにリンクします)

楽器編成

Trombone
Piano

高嶋圭子(Keiko Takashima)

1962年、香川県高松市生まれ。広島市出身。

4歳からピアノを始め、中学高校時代では部活動で合唱に熱中。高校二年より和声学・作曲理論を学び始め1982年東京藝術大学音楽学部作曲科へ。卒業後の1987年、パリ・トロンボーン四重奏団初来日の際にアンコールピースとして「夕やけこやけ」「わらべうた」を提供して以来、トロンボーンに関わる作品が多い。

トロンボーン四重奏のための「パスピエ」「メモリーズ」「スクエアダンス」「古都三景」「出逢いは、はじまり」「ふるさとのうた」「四季の詩」「ハナミズキの祈り」「砂の丘を越えて」など、またトロンボーンとピアノのための作品として、ミシェル・ベッケ氏のソロアルバムにも収録されている「幻想五木の子守唄」をはじめ、ソナタ「風花賛礼」「夜の静寂に」「春の呼ぶ声を聞く」などがある。合唱曲としては、落語を主題にした「時そば」(混声合唱)、女声合唱組曲「京都の恋(詩:黛まどか)」「花だより(詩:高橋うらら)」など。ピアノ曲としては「ピアノ発表会物語」がピティナ・ミュッセ(インターネット上の楽譜配信サービス)にて好評配信中。

1998年に広島で行われた国民体育大会では、開会式・閉会式のファンファーレを作曲。一般社団法人全日本ピアノ指導者協会正会員。

※高嶋の「高」は、はしごだかが正式です。システム上表示ができないため代用しております。

サイズ
A4/1cm未満

修正情報

BREEZE IN THE HEARTS, BLOOM IN THE WORLD - SONATA FOR TROMBONE AND PIANO

"Breeze in The Hearts, Bloom in The World" is a sonata for trombone and piano commissioned by trombonist Takenori Yoshikawa that premiered at Mr. Yoshikawa's recital in July 2010 with Iku Miwa on piano. Mr. Yoshikawa had requested me to compose a bold and spirited piece, which prompted me to write this sonata with four movements after much deliberation.

In the original edition, the burden of the performance was a little too focused on the trombone due to the trombonist's heightened interest in the piece, and as a result, the piece became difficult to play. In this revised edition, I have reworked the balance between the trombone and the piano while preserving the length of the piece so that the music can be performed more effectively.

I. The repetitions of the gentle melody in the introduction should be played in a way that allows it to be heard from far away, while the theme that appears after that should sound majestic and brave.

II. Nostalgia Although this movement is in a minor key, the music seeks to depict a sense of nostalgia instead of sorrow. Despite its slow, tripletime rhythm, please ensure that the music progresses quietly without coming to a halt.

III. Serenade In this movement, the trombone's melody should have a smooth and lively rhythm like the cello in a string ensemble. Articulate the melody beautifully with grace and movement and never allow it to become too heavy.

IV. The theme in this movement has a similar feel to that in the first movement, but lighter. Maintain a tempo that is not too fast and keep the music moving. In the coda section from F, the opening section of the first theme makes an appearance from time to time as the piece heads toward the end. Please maintain a constant tempo while articulating the notes in a loud and resonant manner.

The piano part contains many sections throughout the entire piece that call for a deep, orchestral sound. The pianist should read these parts carefully from the score while supporting the trombone as much as possible. The word "fuka" in the Japanese title "Fuka Sanrei" refer to the flowers that bloom when the wind blows between two people and brings about various encounters between them. I hope that this piece will allow colorful flowers to bloom in the hearts of everyone who performs it and listens to it.

March 2023, Keiko Takashima

Specifications

ARTIST
Composer: Keiko TAKASHIMA
INSTRUMENTATION
Trombone / Solo
PRODUCT TYPE
DURATION
0:17:00
GRADE
5
PUBLISHER / Code
fostermusic Inc. / FME-0313
JAN
4560318473133
RELEASE
2023/05/24
OVERSEAS SHIPMENT
Ask
EUROPEAN PARTS
Not Included

For foreign customers,

You can now purchase from overseas via WorldShopping BIZ.

Study scores, ensembles, and CDs can be ordered directly from our website.

Rental sheet music and some other items are not covered by this cart system, so please contact us by email.

Information

使えるクーポン

12vcxjle0y28

スタディスコア10冊以上で30%OFF

対象カテゴリ

  • 国内出版社 フォスターミュージック スタディスコア

30 % OFF

残発行枚数:86

下限金額:¥28,600

有効期間:2023/03/01 ~ 2024/02/28

閲覧履歴

履歴を消す

最近見た商品がありません。