MENU
会員登録
新規会員ご登録はこちら
ログイン
会員の方はこちらからログイン

現在カート内に商品はございません。

「悲歌」能 道成寺の物語によるバラード :松下倫士 [木管8重奏]

4,620円 (税込)
CAFUAレコード/CEM-043
作曲: 松下倫士
演奏時間:0:04:30
編成:木管8重奏
Fl. 1/Fl. 2/Bb Cl. 1/Bb Cl. 2/S.Sax./A.Sax./T.Sax./B.Sax.
アンサンブル楽譜
商品コード:107-04565

お取り寄せ

  • YouTube

発送日目安:国内お取寄せ(1〜3営業日)

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら
※¥11,000(税込)以上のご注文で国内送料が無料になります。

数量:

カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
1 / 1
  • 概要
  • 詳細
  • 補足
  • ENGLISH

「悲歌」能 道成寺の物語によるバラード

この作品は能「道成寺」の物語を基にして作曲しています。
「長い間失われたままであった道成寺の鐘が、やっと再興され供養することになった。道成寺の住職は女人禁制を言い渡すが、日暮れ前に1人の女が現れ、舞を奉納するという申し出に寺男は中に入れてしまう。道成寺の縁起を謡いながら舞を続けるうちに、隙をうかがって鐘に近づくと、鐘が落下し女はその中に消えうせる。
境内は騒然となり事情を聞いた住職は、道成寺にまつわる恐ろしい物語を始める。
昔、真砂の荘司の娘は父親の冗談を本当のことと思い込み、毎年宿を借りる山伏を将来の夫と信じていた。それを知った山伏が、この寺に逃げて来たので寺の鐘を下ろして隠したところ、娘は執心のあまり大蛇となって追いすがり、鐘に巻きつくと焔を吹きかけて鐘と共に山伏を焼き殺してしまったという。
女の執念が残っていることを悟った従僧たちが鐘に向かって祈祷を行うと、鐘はふたたび上がり、中から蛇体が現れる。激しい争いの末、鐘を焼くはずの炎でわが身を焦がし、日高川の底深くに姿を消す。」

作品の中では場面が沢山変化するので、間の取り方や音色を工夫すると効果的に演奏できるでしょう。そしてまとまりのあるサウンドを作るために、全体の音量バランスに気をつけて取り組んで下さい。(松下倫士)

仕様

アーティスト
作曲: 松下倫士
演奏形態
木管
編成
8重奏
商品カテゴリ
アンサンブル楽譜
演奏時間
0:04:30
出版社 / 品番
CAFUAレコード / CEM-043
発売日
2012/08/01

関連商品

【CD】第35回全日本アンサンブルコンテスト全国大会 - 中学・高校編(3枚組):さまざまな演奏者による [アンサンブルCD]
【CD】第38回全日本アンサンブルコンテスト全国大会 - 中学・高校編(3枚組):さまざまな演奏者による [アンサンブルCD]

楽器編成

Flute 1
Flute 2
Bb Clarinet 1
Bb Clarinet 2
Soprano Saxophone
Alto Saxophone
Tenor Saxophone
Baritone Saxophone
サイズ
A4/1cm未満

Specifications

We cannot accept orders for international shipping from this site. Please contact us before ordering.

ARTIST
Composer: Tomohito MATSUSHITA
INSTRUMENTATION
Wood-Wind / Octet (8parts)
PRODUCT TYPE
Set / ENSEMBLE
DURATION
0:04:30
PUBLISHER / Code
CAFUA Records / CEM-043
RELEASE
2012/08/01
OVERSEAS SHIPMENT
No
EUROPEAN PARTS

使えるクーポン

12vcxjle0y28

スタディスコア10冊以上で30%OFF

対象カテゴリ

  • 国内出版社 フォスターミュージック スタディスコア

30 % OFF

残発行枚数:83

下限金額:¥28,600

有効期間:2023/03/01 ~ 2024/12/31

閲覧履歴

履歴を消す

最近見た商品がありません。