フォスターミュージック通販サイト リニューアルしました

MENU
会員登録
新規会員ご登録はこちら
ログイン
会員の方はこちらからログイン

現在カート内に商品はございません。

ちはやふる:樽屋雅徳 [吹奏楽小編成]

26,400円 (税込)
フォスターミュージック/FML-0233
作曲: 樽屋雅徳
演奏時間:0:07:14
Grade:4+
編成:吹奏楽小編成/24人~
レンタル譜
レンタル楽譜ご利用規約
商品コード:102-07456

在庫あり

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら
※¥11,000(税込)以上のご注文で国内送料が無料になります。

数量:

カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
  • 概要
  • 詳細
  • 補足
  • ENGLISH

ちはやふる

平安時代に成立した歌物語、伊勢物語で「男=在原業平」はある女性と恋に落ちます。それは、当時権勢を誇った藤原氏の姫君・高子と言われています。近々天皇の妃となる身で、臣籍降下した業平とは、とても釣り合わない恋でした。

ある晩、業平は高子をおぶって逃げ出し、蔵で雨宿りをしていました。安全と思われた蔵の奥に姫を休ませて、業平は入口で番をします。

ところが蔵の奥には鬼が隠れており、姫を一口で呑み込んでしまいました。夜が明けて業平が振り向くと、そこに姫はいません。泣いて後悔しましたが、後の祭りだったという話があります。

鬼に食われたというのは事実ではなく、高子を屋敷の外に連れ出すのも困難な状況だったといわれていますが、このような物語にされるほど身分違いの恋は切ないものでした。

後に、在原業平は平安時代を代表する歌人となります。現代では、百人一首で有名な「千早ぶる神代もきかず龍田川 からくれなゐに水くくるとは」の句がよく知られており、タイトルもここから名付けています。(樽屋雅徳)

第一人者の選曲指南


小編成の樽屋作品は沢山あるのですが、高校生へのイチオシはこれに決めました!
始まった瞬間にひき込む力、ロマンティックな時間、ドキドキするような疾走感、魅惑のソロ、怒涛のエンディング…ここにはその全てが詰まっています。聴衆が息をするのも忘れてしまう、そんな力を持った作品です。(福本信太郎)

仕様

アーティスト
作曲: 樽屋雅徳
演奏形態
吹奏楽
編成
小編成/24人~
商品カテゴリ
レンタル譜
演奏時間
0:07:14
グレード
4+
出版社 / 品番
フォスターミュージック / FML-0233
発売日
2018/10/10
キーワード
泣ける, 和風, 感動的, 人気急上昇

関連商品

【CD】20人のコンクールレパートリーVol.4 「ちはやふる」:土気シビックウインドオーケストラ [吹奏楽CD]
【スコア】ちはやふる:樽屋雅徳 [吹奏楽スコア]
【CD】第19回東日本学校吹奏楽大会【高等学校部門】(CD2枚組):さまざまな演奏者による [吹奏楽CD]

楽器編成

Piccolo
Flute 1
Flute 2
Oboe (optional)
Bb Clarinet 1
Bb Clarinet 2
Bass Clarinet
Soprano Saxophone (optional)
Alto Saxophone 1
Alto Saxophone 2
Tenor Saxophone
Baritone Saxophone
Trumpet 1
Trumpet 2
Horn 1
Horn 2
Trombone 1
Trombone 2
Euphonium
Tuba
String Bass
Percussion 1 (Timpani, Sleigh Bells)
Percussion 2 (締太鼓(Bongos), Claves, Sus.Cym., Vib.)
Percussion 3 (和太鼓(Taiko Drum), W.Chimes, Bamboo Chimes, Glock.)
Percussion 4 (Sus.Cym., Vib., Glock.l, Tam-tam, Claves)
Piano
サイズ
A4/3cm未満

CHIHAYAFURU

In the Heian period collection of waka poems, Ise Monogatari (The Tales of Ise) a man (Ariwara no Narihira) falls in love with a woman. She is said to have been the Princess Takaiko, daughter of Fujiwara no Nagara, who was in power at the time. With her soon to become a consort of the Emperor and Narihira having been demoted from the nobility to the rank of a subject, their love was completely incompatible.

One evening, Narihira ran away with Takaiko on his back and the two sheltered from the rain in a storehouse. Narihira had the princess rest at the back of the storehouse, thinking it was safe, and stood guard at the entrance.

However, there was an ogre hiding at the back of the storehouse, and he swallowed the princess in a single bite. When morning came and Narihira turned around, the princess was nowhere to be seen. He cried with regret, but the story says it was too late for tears.

It is said to be untrue that she was eaten by a demon and that it would have been difficult to bring Takaiko out from her mansion, but it is sad and touching that love between people of different social rank should be made into such a story.

Later, Ariwara no Narihira became the most famous poet of the Heian era.

These days, the famous phrase "Even in the mythical times when the gods held sway, it is unheard of to make a ruby red dye from the fallen leaves that cover the Tatsuta River" (Chihayaburu kamiyo mokikazu tatsutagawa, karakurenaini mizukukurutowa) is well known from the traditional game One Hundred Poems by One Hundred Poets (Hyakunin Isshu), and the title also comes from here.

Specifications

We cannot accept orders for international shipping from this site. Please contact us before ordering.

ARTIST
Composer: Masanori TARUYA
INSTRUMENTATION
Windband / less than 30 Players
PRODUCT TYPE
Set / RENTAL
DURATION
0:07:14
GRADE
4+
PUBLISHER / Code
fostermusic Inc. / FML-0233
RELEASE
2018/10/10
OVERSEAS SHIPMENT
Yes
EUROPEAN PARTS
Not Included