フォスターミュージック通販サイト リニューアルしました

MENU
会員登録
新規会員ご登録はこちら
ログイン
会員の方はこちらからログイン

現在カート内に商品はございません。

ネオモダニック:足立正 [吹奏楽極小編成]

30,800円 (税込)
フォスターミュージック/FML-0214
作曲: 足立正
演奏時間:0:06:30
Grade:3+
編成:吹奏楽極小編成/14人~
レンタル譜
レンタル楽譜ご利用規約
商品コード:102-07352

在庫あり

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら
※¥11,000(税込)以上のご注文で国内送料が無料になります。

数量:

カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
  • 概要
  • 詳細
  • 補足
  • ENGLISH

ネオモダニック

1940~50年代のジャズ(ビバップやクール・ジャズ)を聴いていた時、その要素(フレーズやハーモニーなど)を取り入れ、現代的なアプローチで表現した曲を作ってみようと思い立って書き上げたのがこの作品です。

“ネオ・モダン”と呼ばれるデザインや建築に用いられる言葉があります。モダニズム(近代主義)を用いつつ、別の何かを融合させて新しいものを作り出そうとする動きのことですが、今回取り組んだことがまさにそれに近いように思い、タイトルを「ネオモダニック」としました。あくまで「~的な」といったニュアンスにしたかったというのもありますが・・・“ネオ”という言葉は「新しいこと」を意味していますが、個人的には何処か懐古主義的な雰囲気がするようにも思えて、それが今回の試みにも合っているかなと思いました。

曲は3つの楽章から成っています。行進曲的なドラムのリズム(アクセント的にはゴーゴーやクラブミュージックの影響も)の上で、ビバップ風のフレーズが高らかに奏される“Fanfare”、ジャズ的なハーモニーの上で淡々とメロディが歌われる“Lullaby”、7拍子を基調とした変拍子のファンク・ナンバーの“Capriccio”。これらの楽章はシンフォニックなポップスというより、さまざまな要素を取り入れ、融合させたハイブリッドな音楽を目指しています。

将来的な吹奏楽の姿、可能性も考えつつ、木管や金管6パートと打楽器2パートによる混合アンサンブルでも演奏が可能なように書き上げました。かなりポップス色が強い作品ではありますし、新しい吹奏楽の在り方などと大それたことを言うつもりはありませんが、一つの方向性として作品を楽しんでいただけたらと思います。(足立正)

仕様

アーティスト
作曲: 足立正
演奏形態
吹奏楽
編成
極小編成/14人~
商品カテゴリ
レンタル譜
演奏時間
0:06:30
グレード
3+
出版社 / 品番
フォスターミュージック / FML-0214
発売日
2018/02/15
キーワード
歌える, 超小編成, 人気急上昇

関連商品

【CD】コンクール自由曲ベストアルバム10「とこしえの声」:土気シビックウインドオーケストラ [吹奏楽CD]
【スコア】ネオモダニック:足立正 [吹奏楽スコア]

楽器編成

Flute
Oboe (optional)
Bassoon (optional)
Bb Clarinet 1 (or Oboe)
Bb Clarinet 2
Bass Clarinet (optional)
Alto Saxophone
Tenor Saxophone
Baritone Saxophone (or Bassoon, Bass Clarinet)
Trumpet 1
Trumpet 2 / doub. Flugelhorn
Horn
Trombone 1
Trombone 2 (optional)
Euphonium (or Trombne 2)
Tuba (or String Bass)
String Bass (optional)
Drums
Percussion 2 (Tam-tam, Suspended Cymbal, Timpani, Vibraphone)
<ソロ>
Tsax
Cla
サイズ
A4/3cm未満

NEOMODERNIC

I got the inspiration to write this piece when I was listening to jazz from the 1940s and 1950s, which prompted me to incorporate its elements to compose music using a modern approach.

“Neomodern” is a style in design and architecture where works are created by fusing modernism with other elements to create something novel. This is similar to the approach with which I have written this piece, and thus I have entitled it “Neomodernic.” Although I had considered giving it some additional descriptive dimensions, the prefix “neo” is a reference to something new. Personally, this also evokes a sense of nostalgia and feels appropriate for what I have set out to achieve with this piece.

This piece comprises three movements: “Fanfare” where bepop phrases are played against the backdrop of the drum’s marching rhythm, “Lullaby” where a melody is gently articulated over a jazz harmony, and “Capriccio” which features funk music with an irregular 7beat time signature. These movements attempt to go beyond symphonic pop music as a form of hybrid music that incorporates various elements in an integrated manner.

I have also written this piece by taking into consideration the future directions and possibilities of brass bands while ensuring that it can be performed by mixed ensembles comprising 2 percussion instruments along with 6 woodwind or brass instruments. This piece is rather popheavy, and although I wouldn’t say that it is surely indicative of the future trends of brass music moving forward, I hope that it can be enjoyed as one of its many possible directions.

Specifications

We cannot accept orders for international shipping from this site. Please contact us before ordering.

ARTIST
Composer: Tadashi ADACHI
INSTRUMENTATION
Windband
PRODUCT TYPE
Set / RENTAL
DURATION
0:06:30
GRADE
3+
PUBLISHER / Code
fostermusic Inc. / FML-0214
RELEASE
2018/02/15
OVERSEAS SHIPMENT
Yes
EUROPEAN PARTS
Not Included