選曲コンシェルジュ

カテゴリー一覧

絞り込み検索

カテゴリ

ジャンル

グレード

編成

演奏時間

サンプル

フリーワード

作曲者名や曲名などを入力してください。

新型コロナウイルスにおける対応について


  1. ホーム > 
  2. 楽譜 > 
  3. アンサンブル楽譜 > 
  4. トランペット楽譜
  5.  > [トランペットソロ] Magic hour(無伴奏) (松下倫士)
  • メール便対応
  • 予備
  • お取り寄せ

[トランペットソロ] Magic hour(無伴奏) (松下倫士)

3,960円(税込)

商品コード: 107-09101

出版:CAFUAレコード (CAFUA Records)

品番:CSP-025

発売:2020/11/30 発売

演奏形態: トランペット

商品形態: アンサンブル楽譜

編成: ソロ

( Trp. )

タイム: 6分0秒

2020年11月下旬発売予定

発送日目安:
お取寄せ(3~5営業日)
送料について>
数量:
在庫:
在庫なし(お取寄せ)
この商品はお取り寄せ商品です。
ご注文後は入荷次第の発送となりますのでご了承ください。
お気に入りに追加

お気に入り登録は、ログインしているお客さまのみご利用頂けます。

お電話でもご注文いただけます。

お問い合わせ(取り寄せ商品の納期確認など)もお気軽にどうぞ。下記の商品コードをお伝え下さい。

商品コード: 107-09101

[トランペットソロ] Magic hour(無伴奏) (松下倫士) この商品をみんなに教える!

商品紹介

この作品はトランペット奏者の守岡未央さんの委嘱で作曲し、2018年東京オペラシティリサイタルシリーズB→Cで初演されました。
Magic hourとは日の出の直前や日没直後のわずか数十分の時間帯を指します。太陽が隠れているのに空が明るく、うっすらとグラデーション色になる光景はまさしく幻想的です。
この作品は日没の空の移り変わりと共に変化していく心情を表現しようと試みた作品です。比較的短い3つの楽章からなっており、それぞれ副題がついています。第一曲目は幻想的な空に感動し、その美しさに心が奪われる様子を描いています。第二曲目は全曲の中で一番動きがあり、起伏の変化が激しくなっています。第一曲目の美しさとは正反対で、昼間の明るさから夜に移り行く時の、ほんの一瞬感じる不安や怖れを表現しています。そして第三曲目は昼間と違う夜の空気や時間の流れ、ソワソワした気持ちや悦び、といった感情を描いています。
トランペットの無伴奏曲というと、どうしても技巧的作品が多く見受けられますが、この作品は美しいメロディとハーモニーを大切にして作曲しましたので、演奏する際は意識していただけると幸いです。(松下倫士)

Magic hour
I. The Beauty(美しさ)
II. The Fear(怖れ)
III. The Pleasure(悦び)


-

Magic hour(無伴奏)

Magic hour

作曲:松下倫士 (Tomohito Matsushita)

編成:トランペット - ソロ

  • Trumpet

松下倫士 (Tomohito Matsushita)

東京藝術大学音楽学部作曲科を経て、2009年同大学院修士課程作曲専攻修了。卒業時に藝大同声会賞受賞。2014年東京音楽大学大学院修士課程伴奏科修了。これまでに第37回全四国音楽コンクール最優秀賞、日本交響楽振興財団第29回作曲賞、第5回北本ピアノコンクール最優秀賞、第22回宝塚ベガ音楽コンクールピアノ部門第2位、奏楽堂日本歌曲コンクール第19回作曲部門(一般部門)入選など多数受賞。東京フィルハーモニー交響楽団とラヴェルのピアノ協奏曲を共演。

 近年は21世紀の吹奏楽“響宴”にて作品が取り上げられているほか、「土蜘蛛伝説」「巡礼歌」「2つの詩曲」などアンサンブル作品が全国各地で多数演奏され ている。 2012年には日本コロムビアよりCD「僕が僕であるために 尾崎豊 オン ピアノ」 (編曲・演奏)をリリース。また2014年に「夢見草 松下倫士ピアノソロアルバム」をリリース。伴奏ピアニストとしても活動し、多くの演奏家と共演し高く評価されている。

 東京音楽大学、洗足学園音楽大学非常勤講師。21世紀の吹奏楽“響宴”会員。

  • メール便対応
  • 予備

[トランペットソロ] Magic hour(無伴奏) (松下倫士)

3,960円(税込)
個数:
お気に入りに追加

お電話でもご注文いただけます。

お問い合わせ(取り寄せ商品の納期確認など)もお気軽にどうぞ。下記の商品コードをお伝え下さい。

商品コード: 107-09101

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む
このページの先頭へ