フォスターミュージック通販サイト リニューアルしました

MENU
会員登録
新規会員ご登録はこちら
ログイン
会員の方はこちらからログイン

現在カート内に商品はございません。

トビアスの家を去る大天使ラファエル:樽屋雅徳 [吹奏楽大編成]

29,334円 (税込)
フォスターミュージック/FML-0005
作曲: 樽屋雅徳
演奏時間:0:10:10
Grade:4+
編成:吹奏楽大編成/37人~
レンタル譜
レンタル楽譜ご利用規約
商品コード:102-00011

在庫あり

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら
※¥11,000(税込)以上のご注文で国内送料が無料になります。

数量:

カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
  • 概要
  • 詳細
  • 補足
  • ENGLISH
  • YouTube

トビアスの家を去る大天使ラファエル

フィルハーモニックウインズ大阪の依頼を受けて、「ええとこどり」のレコーディングのために書き下ろしました。「トビアスの家を去る大天使ラファエル」は「トビト書」に書かれている大天使ラファエルの話を基に作曲したものです。

青年トビアスは、人間に扮したラファエルとの旅の途中、悪魔に取り憑かれた娘サラと出会います。トビアスはラファエルの指示で、以前に捕まえておいた巨大魚の心臓と肝臓を燻すと、悪魔は祓われました。その後、ラファエルの勧めによって、トビアスとサラは結婚し、二人は幸せな生活を送ります。家に戻ったトビアスは、失明した父トビトの目に巨大魚の胆汁を落とすと、トビトの目に光が戻りました。ラファエルは正体を明かし、自分たちの身に起きた全てを書き残すようトビアスに言い残し、天へ帰って行きました。

曲は木管により神秘的に始まり、広大に広がる陸と海を想像させるような旋律へと変わっていきます。中間部では二人の身に起きた難関を表現し、後半部ではその難関を突破し、物語の最後、トビトの目が治りサラとトビアスの結婚を祝福しラファエルが正体を明かしトビアスの家を去る場面を壮大に表現しています。(樽屋雅徳)

仕様

アーティスト
作曲: 樽屋雅徳
演奏形態
吹奏楽
編成
大編成/37人~
商品カテゴリ
レンタル譜
演奏時間
0:10:10
グレード
4+
出版社 / 品番
フォスターミュージック / FML-0005
発売日
2008/04/01
キーワード
壮大, カッコイイ

関連商品

【CD】樽屋雅徳作品集Vol.1「月下に浮かぶひとすじの道標」:土気シビックウインドオーケストラ [吹奏楽CD]
【スコア】トビアスの家を去る大天使ラファエル:樽屋雅徳 [吹奏楽スコア]
【CD】宇宙の音楽 :文教大学吹奏楽部 [吹奏楽CD]

楽器編成

Piccolo
Flute 1
Flute 2
Oboe
Bassoon
Eb Clarinet
Bb Clarinet 1
Bb Clarinet 2
Bb Clarinet 3
Bass Clarinet
Alto Saxophone 1
Alto Saxophone 2
Tenor Saxophone
Baritone Saxophone
Trumpet 1
Trumpet 2
Trumpet 3
Horn 1
Horn 2
Horn 3
Horn 4
Trombone 1
Trombone 2
Trombone 3
Euphonium (div.)
Tuba
String Bass
Timpani
Bass Drum
Cymbals
Suspended Cymbal
Tam-tam (optional)
3 Tom-toms
Glockenspiel
Vibraphone
Piano
Harp
サイズ
A4/3cm未満

ARCHANGEL RAPHAEL WHO LEAVES A HOUSE OF TOBIAS

“Archangel Raphael leaving Tobias’s house” was composed based on the story of Archangel Raphael in the book of Tobit. There was an old man named Tobit, a devout Jew. He lost his eyesight and realized his death and was in a trap of despair. On the other hand, there was a daughter named Sarah who was obsessed with the devil, and she also wanted to die. One day, Tobit’s son Tobias traveled with his guide to his father. This guide was Raphael who came down to give salvation to them. During the journey, Tobias meets Sarah. Under the direction of Rafael, Tobias deceived the heart and liver of the giant fish he had caught and gave her, the devil was dealt with. Tobias returned home, as Rafael said again, he dropped bile of giant fish in his father’s eyes. Then Tobit’s vision was restored. Tobias and Sara were married and they lived happily. Rafael told them that he was an angel of God, told Tobias to write down everything that happened to them, and went back to heaven.

The song begins mysteriously with woodwinds and gradually turns into a melody that makes you imagine the vast land and sea. The middle part expresses the misfortune that happened to Tobito and Sarah. The climax of the story is magnificently depicted as the devil leaves, Tobit’s eyes heal, bless Sarah and Tobias’s marriage, Rafael reveals his identity, and leaves Tobias’s house.

Commissioned by Philharmonic Winds Osakan. Recorded on February 21 and 22, 2007.

Specifications

We cannot accept orders for international shipping from this site. Please contact us before ordering.

ARTIST
Composer: Masanori TARUYA
INSTRUMENTATION
Windband / More than 45 Players
PRODUCT TYPE
Set / RENTAL
DURATION
0:10:10
GRADE
4+
PUBLISHER / Code
fostermusic Inc. / FML-0005
RELEASE
2008/04/01
OVERSEAS SHIPMENT
Yes
EUROPEAN PARTS
Not Included

土気シビックウインドオーケストラ

フィルハーモニックウインズ大阪