MENU
会員登録
新規会員ご登録はこちら
ログイン
会員の方はこちらからログイン

現在カート内に商品はございません。

【★セール対象品】蒼き三日月の夜:樽屋雅徳 [吹奏楽スコア]

通常価格 2,860円 (税込)
2,574円 (税込)
フォスターミュージック/FML-0268FS
作曲: 樽屋雅徳
演奏時間:0:08:13
Grade:3+
編成:吹奏楽中編成/34人~
スコア
配信サービスで聞く
商品コード:302-08440

在庫あり

  • YouTube
  • スコアサンプル
※送料は別途発生いたします。詳細はこちら
※¥11,000(税込)以上のご注文で国内送料が無料になります。

数量:

カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
  • 概要
  • 詳細
  • 補足
  • ENGLISH

蒼き三日月の夜

原曲は、東北大学学友会マンドリン楽部の委嘱作品でマンドリン合奏の曲として作曲した作品を吹奏楽用に加筆修正しました。

委嘱時の希望があり、伊達政宗を題材にイメージを膨らませました。

時は戦国、兜や鎧で身を固めた武将達は、天下統一を目指し各地で戦いを繰り広げていました。戦国武将にとって鎧兜は、武具としてはもちろん、もう1つ大事な役目があったそうです。それは、鎧兜が自我や志を表す大切なアイテムだったという事です。

この曲の主人公、伊達政宗の兜の前立ては、大きな三日月がモチーフです。戦国武将たちが月だけでなく、太陽や星など、天体をモチーフにしたトレードマークを使うことが多かったのは、天体は神に通ずるものだったからと言われています。

その中でも三日月は、これから満ちていく希望、可能性を感じさせる形です。この鎧兜については諸説あるようですが、政宗の父が、若い息子の成長を願ってつくらせたとも言われています。

曲は、伊達政宗の初陣・元服、幼少期の回想、父の死と熾烈を極める戦い、思いはせる三日月の夜、政宗の最期から現代までと、生涯を5つの場面に分けて辿っていきました。

マンドリンの奏でる切ないアルペジオや、時に鋭いアクセントなどをイメージして演奏しても面白いかもしれません。(樽屋雅徳)

仕様

アーティスト
作曲: 樽屋雅徳
演奏形態
吹奏楽
編成
中編成/34人~
商品カテゴリ
スコア
演奏時間
0:08:13
グレード
3+
出版社 / 品番
フォスターミュージック / FML-0268FS
JANコード
4560318473003
発売日(年)
2020/02/12

スタディスコア/セット・版違いなど

【レンタル譜】蒼き三日月の夜:樽屋雅徳 [吹奏楽中編成]

関連商品

【CD】コンクール自由曲ベストアルバム12「メトロポリス」:土気シビックウインドオーケストラ [吹奏楽CD]

楽器編成

Piccolo
Flute 1
Flute 2
Oboe
Bassoon
Bb Clarinet 1
Bb Clarinet 2
Bb Clarinet 3
Bass Clarinet
Alto Saxophone 1
Alto Saxophone 2
Tenor Saxophone
Baritone Saxophone
Trumpet 1
Trumpet 2
Trumpet 3
Horn 1
Horn 2
Horn 3
Horn 4
Trombone 1
Trombone 2
Trombone 3
Euphonium
Tuba
String Bass
Piano
Timpani
Timpani, Claves
Percussion 1 (締太鼓 or Bongos, Sleigh Bells, Sus.Cym.)
Percussion 2 (和太鼓 or B.D., W.Chimes)
Percussion 3 (附け打ち, Sus.Cym., Tam-tam, Wood Blocks, Cyms.)
Mallets
(Vib., Glock., Mari.)

樽屋雅徳(Masanori Taruya)

1978年千葉県銚子市生まれ。武蔵野音楽大学音楽学部作曲学科卒業。佐藤博、宮本良樹各氏に師事。

フランスで吹奏楽曲「Ardent Overture」を出版。代表作として「絵のない絵本」「民衆を導く自由の女神」「マゼランの未知なる大陸への挑戦」「ラザロの復活」「マードックからの最後の手紙」などがある。

全国の吹奏楽団やマーチングバンドからの委嘱も数多く、その作品の多くが国内外問わず広く演奏され、日本でもっとも人気のある作曲家のひとりである。また、作曲・編曲の傍ら、吹奏楽指導やコンクール等の審査員、執筆活動などでも多くの成果を挙げている。

2004年~2018年まで銚子市立銚子高等学校の音楽監督を務めマーチングコンテストで全国大会へ、吹奏楽コンクールでは東関東大会、東日本大会へと導く。

現在はベルモンテウィンドオーケストラの指揮者・音楽監督を務め、指導者としても高い評価を受けている。

サイズ
A4/1cm未満

修正情報

AMBITION IN THE CRESCENT MOON

This piece is an orchestral version of an original work commissioned by the Tohoku University Mandolin Club for the mandolin ensemble, to which revisions and additions have been made.

The commissioner had requested for the original work to be based on the historical figure of Date Masamune, with its composition divided into five different scenes: a recollection of Date Masamune’s first battles, comingofage, and adolescence; how he overcame his father’s death and the violence of the battlefield; nostalgic nights with the crescent moon; the period from Masamune’s death to the present day; as well as his life.

Please go ahead and perform this piece while paying attention to the melancholic arpeggios of the mandolin and their occasional sharp stresses.

Specifications

ARTIST
Composer: Masanori TARUYA
INSTRUMENTATION
Windband / 30 - 45 players
PRODUCT TYPE
STUDY SCORE (PARTS Sold separately)
DURATION
0:08:13
GRADE
3+
PUBLISHER / Code
fostermusic Inc. / FML-0268FS
JAN
4560318473003
RELEASE
2020/02/12
OVERSEAS SHIPMENT
Yes
EUROPEAN PARTS
Not Included

For foreign customers,

You can now purchase from overseas via WorldShopping BIZ.

Study scores, ensembles, and CDs can be ordered directly from our website.

Rental sheet music and some other items are not covered by this cart system, so please contact us by email.

Information